リレーコラムについて

41.1でした

渡邉洋介

お気をつけください。41.1ですよ。

埼玉県の熊谷市では7月23日、
国内の観測史上で最も高い気温となる
41.1度を記録したそうです。

暑すぎる。
なぜこんな日に仕事しているのか。
ぼくは毎朝、自宅から最寄りの駅まで
だいたい10〜15分ぐらい歩くのですが、
それだけ歩くともう汗がべっとりで、
引き寄せられるように駅の近くの涼しい喫茶店に入り、
そこからなかなか出ることができません。
会社が遠いです。グーグルマップで見れば、
まだ家の近くです。このまま帰ろうかとも思います。

そんな暑い日が続きますが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
ぼくにできることはただひとつ、
できるだけ寒いコラムを書きあげて、
読んだ方にヒンヤリした気持ちを味わって
もらうことなんじゃないか、とさえ思うのです。
いや、いつも通りやっても、きっと寒い内容ですが。

と、ハードルを下げておいて、
(何かにつけてハードルを下げようとするのがぼくの悪いクセです)
はじめまして、渡邉洋介(わたなべようすけ)と申します。

細かくてどうでもいいことなのですが、
渡邉のなべは、中が口のほうの邉です。

このなべの字がくせ者でして、
コンピュータで一般的に使えるものだけでも
渡辺、渡邊、渡邉の3タイプあります。
渡部と書いて、わたなべと読む方も合わせると4タイプ。
そしてコンピュータで出てこない漢字も合わせると、
およそ38タイプもあるそうです。

なべの字の多さに注目した人のなかには、
商売上手な人もいたのでしょう。
世の中には「渡る世間はナベばかり」という
神経衰弱ゲームもあるそうで、アマゾンで買えます。

というぼくも、自分の免許証に記載されているなべの字は、
全体的には邉の字に似てはいるのですが、
しんにょうは点が2つではなく1つで、
なかの自は、白という字になっています。

説明がむずかしいです。自分でも混乱します。
ひとり神経衰弱をしている気になってきました。

ここでぼくは全国のサイトウさんに呼びかけてみたい。
同じようなお悩みがありませんか?と。
だって、さいの字も、かなり多いですよ。
と思ったら、よく一緒に仕事をするアートディレクターの
齊藤智法くんも、やっぱりむずかしいほうのさいの字で。
どうも初対面のときから親近感があったのは、
ぼくと同じような濃いひげのせいではなく、
斉藤、斎藤、齊藤、齋藤の神経衰弱に悩まされてきた、
という匂いを感じとったからかもしれません。

と、ここまで書いて、ふと思います。
ぼくはなんでこんなことを書いているのか、と。
きっと、暑さのせいでしょう。
夜になれば、少しはましな文章が書けるかもしれません。

そしてぼくが凄腕の書き手だったなら、
気温17度の高原の空気のようなさわやかさで
過去をばっさりと切り捨てて、
また新しい内容で1行目から書き始めることでしょう。

でも今日は、観測史上最も高い気温を記録した日。

熱は考えるちからを奪います。
50度を超える日もあると言われるドバイなら、
ぼくの文章は溶けてどろどろになっていたことでしょう。
日本でよかった。とポジティブにいきたいと思います。

・・・と、ここまで書いたものを
妻に読んでもらいました。
うん、だいじょうぶ。部屋の温度が5度下がったよ。
と言っていました。
だからきっと、冒頭の目的は達成できたのかなと思います。

あと4回もつづいてしまいますので、
よろしくお願いいたします。

NO
年月日
名前
4523 2018.08.10 鈴木拓磨 TOKYO 2100
4522 2018.08.09 鈴木拓磨 書き出し小説
4521 2018.08.08 鈴木拓磨 息子が黙ってない
4520 2018.08.07 鈴木拓磨 父がボディビルダー
4519 2018.08.06 鈴木拓磨 日本コピーライターズクラブ
  • 年  月から   年  月まで