リレーコラムについて

4年3カ月ぶり3度目。

森田一成

森田一成と申します。

ラジオCM・オーディオCMを作っているビッグフェイスという会社で

コピーライター/ディレクターとしてお仕事しております。

 

吉田さん、おかえりなさい。

そして、バトンありがとうございます!

素敵なパスおおきにです。と書こうとしたんですが・・・

ん?あれ?え?そうでしたっけ??なんか事実と違いませんw??

吉田さんがナレーターをガン見してたから、

「こらこら」と私が諭したという話だった記憶なのですが、、、笑

 

森田「吉田さん、何見てますの?」

吉田「・・・(静かにうなずく)」

 

みたいなシーンだったと私は記憶してますが。

まぁ、どっちでもいいです(笑)

あの収録、楽しかったし。

バトンありがとうございます。

そして、充分、あなたも変わってますよ。

 

で、

 

よくありますよね~こういうこと。

記憶がいつの間にか、ねじ曲がってること。

同じ現場にいた者同士でも、数年後そのときの話をしたらむちゃくちゃ食い違ってたり。

「あのときこうやったなぁ」

「いや、ちがう。こうやったやろ!」

「いや、ちがうって。それを言うたのはおまえや」

「ちゃうちゃう、おまえが先に言うたからおれはこう言うてん」

みたいな話ですね。

同窓会とか久々の飲みで盛り上がる系のくだり。

 

年々こういうこと増えてきます。

加齢とともに。

自分に都合良く記憶をねじ曲げ、 ポジティブ上書きしてしまうんですかね~。

20代の頃。

私の師匠がめちゃくちゃプラス思考の人で。

それはそれは、ポジティブな上書きを得意とされてる方で(笑)。

近くで見ながら

「すごいなぁ~うらやましいなぁ~僕はネガティブだから出来ないや。尊敬する~」

と思ってたのですが、

先日後輩と仕事の話をしてると

「森田さん、なんか今の話、めっちゃポジティブ上書きされてますよ。この感覚 ちょっと懐かしいです!」

と言われてしまいました。

 

僕は師匠の背中をちゃんと追ってる、良い弟子なのかもしれませんw

(弟子と思ってもらえてるか定かではありませんが、そして永遠に追いつけませんが)

 

引き続き、

師匠の教え通り、

『一回聞いて分かるもの。リスナーがニヤっとするもの。』

しっかり作っていきます!(これに関しては、ねじ曲げずに!)

 

演出、キャスティング、コピー、プロデュース、収録現場。すべてを楽しく気持ち良く!ラジオCM・オーディオCM作るなら ビッグフェイス!!

 

師匠が嫌いそうな、やっっっすい宣伝で終わっときます(笑)

一週間、よろしくお願いします!

 

————————————————————————————————————

この最後にアドレス書くスタイル、ダサいとは思いつつ

弊社ホームページがないので、結構「コラムでアドレス見つけて連絡しました!」のパターンあるので今回も。

ご意見ご感想、ラジオの話しませんか?等は、morita@bigface.co.jpまで。

森田一成の過去のコラム一覧

5428 2023.01.20 授賞式
5427 2023.01.20 TAKE1
5426 2023.01.20 狂犬と呼ばれた男。
5425 2023.01.19 現場と持場
5424 2023.01.17 4年3カ月ぶり3度目。
NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで