リレーコラムについて

エンドロールのはなし

眞鍋海里

エンドロールには、まだ早い。

いくらつらいことがあろうとも、
何度となくこの言葉で救われてきた。

誰かの言葉なのか、自分で言い出したのかわかりませんが。

映画はスライス・オブ・ライフと表現される。

死にそうなぐらいつらいことがあった時、
自分の人生を映画に例える。

ここでエンドロールが流れてしまえば、
こんなに悲しい物語はないなと思う。

心が弱ってる時、ひとは自分を悲劇のヒロイン化してしまいがちです。

でもまぁ、実際のところ、エンドロールはまだ先のこと。

今のつらさなんて、この後訪れるハッピー・エンディングに向けた
物語の抑揚の一部に過ぎないのだよ。

そう、エンドロールにはまだ早い。

※ただ、僕の人生はコメディーかもしれない!!そりゃないぜ!

眞鍋海里

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで