リレーコラムについて

2本線のadidas

関一行

きょうもお国柄の話をしますが、
マッキャンの元社長で、長きに渡りACCの審査委員長を務められた坂田耕さん
からお聞きしたお話。

数年前、坂田さんがご夫妻でニューヨークを旅した際に、アディダスショップ
に立ち寄ったそうな。
そこで、奥様が、ある帽子を手に取り店員にこう尋ねたという。

「これの2本線のあります?」

ナイス!奥様、かなりの天然、最高です(笑)

そこで、僕的に想像してみた。
もし、これと同じ質問を世界中のアディダスショップでしてみたら、それぞれ
の国の店員はどんな反応をするか。

@アメリカのアディダスの店員
「オー・マイ・ガー! 昨日まであったんだけど、残念だったねw 」
ジョーク好きなアメリカ人。おそらくこんな言葉が返ってくるでしょう。

@ドイツのアディダスの店員
「当アディダス社は創業以来3本線をパテントとして世界展開しているメーカ
ーで、スポーツ用品始め、ウエア、その他全て3本ラインを基調として。。。」
勤勉実直、マジメなゲルマン民族。

@イギリスのアディダスの店員
“We haven’t it.” (英国風にdon’t haveでなく)
そしてそのあと小声でFuck!

@フランスのアディダスの店員
「マダムには2本線より3本線のほうがお似合いかと思いますが。」
パテントうんぬんより、美意識優先のアドバイス。

@イタリアのアディダスの店員
「ホンダ! ナカータ! スシ! 」
ただただノー天気。

@日本のアディダスの店員
「少々お待ちください。」と言い上司を連れて来て、その上司がカタログを見
せながら「あいにく2本線は作ってないようですね。大変申し訳ございませ
ん。」と、懇切丁寧、低姿勢に接客。とりあえず苦情が出ないよう配慮と保身。

@中国のアディダスの店員
「あるよ。」と実際に2本線のアディダスを持ってくる。
あるんかい!

てな感じかな。
まあ、かなりの偏見に満ち満ちております。それぞれの国の方々、悪意はあり
ませんのでお許しを。
アディダス社の方々、お気を悪くされたらゴメンナサイ。
Just do it!

  • 年  月から   年  月まで