リレーコラムについて

30代後半の上京物語③

眞鍋海里

 

広告代理店で働くことに

少し座りの悪さを感じ始めたワタクシなのですが、

「代理店を離れて、九州で仕事をする」

という選択肢もありました。

 

それでも、意を決して上京した理由は他にあります。

 

実はここ三年ほどは、

ほぼ毎週、九州と東京を行き来する二重生活をしていました。

お仕事も、8割ほどが東京のお仕事。

 

そこで気づいたのが、九州と東京の

広告仕事における課題感の違いです。

 

九州の仕事は、めちゃくちゃ乱暴に言うと

「広告費以上に、いかに広く告げるか?」が

広告をやる上で、毎度付き纏ってくる課題でした。

 

よって、目立つ広告が求められ、それがそれなりに評価されてしまう。

 

もちろん、それは、クライアントのビジネス的にも効果があるので

けして間違いではありません。

(ワタクシがバズムービーでぽっと出たのも、

それを突き詰めた結果だったように思います。)

 

しかし、広告を生業とする以上、

もう少し踏み込んだ課題を解決する術を磨いていきたいという

思いが強くありました。

 

ただ、九州 特に福岡は、住むには最高の土地です。

家賃は安いし、飯は美味いし。

それが決断を遅らせた最大の要因です。(笑)

 

そんなワタクシもついに、

上京を決意することになったのですが、

それを決断させたのは、PARTYという会社の存在でした。

 

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 年  月から   年  月まで