リレーコラムについて

30代後半の上京物語④

眞鍋海里

一度、時間を5年前に戻し、

ワタクシがTCC新人賞を取って間もないある日のこと。

facebookに一件のメッセージが届きました。

 

「こんにちは、中村洋基です。

眞鍋君に合いそうな案件があるんですが、お仕事一緒にしませんか?」

 

一瞬、頭の中は混乱。

 

「ん?あの中村洋基?  つーか・・・俺???」

 

なんせ、その当時自分は、

洋基さんや伊藤さん(そして創業メンバー)の

熱心なお仕事ウォッチャーでしたし、

PARTY設立のニュースを見た時なんか、

「 広告業界で天変地異が起きるぞーーー!!!」

と人一倍興奮したほどでしたので、

まさか、そんなところから九州の若造に

仕事のお願いがくるはずないと思っていましたので、

「はは〜ん。送り先を、真鍋(大渡)さんの方と間違ったんだろうな〜」

なんて、その時は思っていました。

 

結果、それから幾度もPARTYと一緒に仕事をすることになるのですが、

いまだに洋基さんには、あの時、なぜ仕事に誘ってくれたのかは聞けてません(笑)

 

実は、前述した

「代理店での座りの悪さ」、

「クリエイターとしての探究心」を

気づかせてくれたのが、PARTYでした。

 

PARTYは、全員がスキルも得意分野も違った

各分野のプロフェッショナルが集まる「つくる集団」です。

 

広告に囚われることなく次々と

新しいことを社会実装していく姿をみて、

いち生活者として、いちクリエイターとして、

とても共感するところがありました。

 

だからこそ、もし、代理店を離れ、九州を離れるんであれば、

PARTYしかないなと思っていました。

 

そんな僕の悩みを相談すると、洋基さんはすぐに、

「一度、来ればいいじゃん!僕らも嬉しいし! 」

と言ってくれ、それでようやく上京の決心がついたのです。

 

 

 

そんなこんなで、コロナと共に、

30代後半の遅めの東京進出となってしまったのですが、

ここは心機一転、若手時代のハングリー精神を思い出し、

こつこつ、せっせと、頑張ろうと思っています。

 

東京の甘くない醤油を口にすると、

なぜだか、長渕の東京青春朝焼物語が心に染みます。

 

 

 

おしまい。

NO
年月日
名前
4921 2020.07.15 細川直哉 旅・その2「ボーダーをまたぐ」
4920 2020.07.14 細川直哉 旅・その1「逆の視点」
4919 2020.07.13 細川直哉 旅立ち前夜
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
  • 年  月から   年  月まで