リレーコラムについて

酒粕のとびら

薄景子

御倉さんからバトンを引き継ぎました、薄景子です。
1週間、どうぞよろしくお願いします。

生まれ変わったら何になりたい?
そうきかれたら、みなさん何とこたえますか。

私はおそらく料理人とこたえます。
そんなにはっきり言えるなら、
生まれ変わる前にやろうよ!と思いたち、
物件をさがした時期もありました。

でも、料理を仕事にする人は、
もうとっくに始めているし、
経営となると大変だろうし、
何よりこの仕事、やっぱり好きだし。

そんなこんなで煮えきらず、
料理は今のところ趣味どまりです。

きっかけは5年ほど前のこと。
風邪や体調不良がなかなか治らない時期があり、
そうだ!体は食べものでできているのだから、
食べることを見直してみようと思い。

学校にもちょこっと通い、素材を生かした料理を
できるだけ自分で作るようにしたら、
美味しいわ、元気になるわ、感謝してもらえるわの三拍子。
どんどんのめりこんでいきました。

料理のいちばん面白いところは、食材との出会い。
新しい食材のとびらを開けることは、
知らない国を旅するみたいにワクワクします。

ちょっと前にはまったのが、酒粕のとびら。
粕汁くらいしか知らなかった酒粕メニューですが、
酒粕グラタン、酒粕シチュー、酒粕ピザ、酒粕クラッカーと
開拓するたび、んんんんん!
声にならない声でうなってしまいます。

次は酒粕どうしちゃう?
アタマの中は酒粕でいっぱいに。
ちょっとやそっと遅く帰っても、
今日はぜったい酒粕ジャージャー麺!と
決めていたら作らずにはいられません。

でも、ひと通り探求しつくすと、
酒粕?前につきあってたけど
今の本命は柚子胡椒でしょ、
と心移りしていきます。
直近では、大豆のとびらを開けて、
味噌づくりにもチャレンジしました。

そんなわけで、夫とふたりのわが家では
私の料理欲は片づかず、
不定期で薄食堂というのをやっています。
週末になると、地元の飲み屋のマスターや、
そこの常連さんたちがうちにきて、
料理を食べていただくという不思議な光景も。

ご興味のある食いしん坊の方は、
よかったら遊びにきてください。
メニューはそのとき、
私が何のとびらを開けているかで変わります。

薄景子の過去のコラム一覧

2920 2011.03.13 節電を!
2918 2011.03.10 美容院のとびら
2917 2011.03.10 万年筆のとびら2
2916 2011.03.08 万年筆のとびら1
2915 2011.03.07 酒粕のとびら
NO
年月日
名前
5186 2021.10.20 中川真仁 わたしの頭の中のシモダテツヤのコラム
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
  • 年  月から   年  月まで