リレーコラムについて

眞木準企画室

忽那治郎

 初めて言葉の存在力を感じたのは、小学
生のとき、埴谷雄高の『死霊』を読んだと
きだった。

 嘘。あんな難解なものを小学生は読みは
しない。小学生はコロコロコミックと、決
まっている。ちょっと言ってみたかっただ
け。
 てゆーか。書くことがない?
 ほんとはあるけど。眞木さんのこと。
 でも、よけいなこと書いて、筆禍をまね
くのもやだし。とりあえず、差し障りがな
さそうなとこで、事務所ことでも。ハコ、
器の部分ね。

 事務所は、とある建築家の「作品」でも
ある、おしゃれな3階一戸建てです。象の
形をした大きなコンクリ板を、2枚、前向
きと後ろ向きに立ててください。その間を
おしりから頭まで(相対する方はつまり逆
から)を、布で覆います。それが眞木準企
画室の外観です。
 わかんないか。
 つまり変わってる。入り口は、ガラスば
り。1階はスタッフが机をならべます。2
階は会議室&資料室。そして3階が眞木さ
んフロア。2階から3階は吹き抜けです。
先に2枚の板を布で覆うと書いたのは、マ
キキの屋根が東京ドームと同じ、グラスフ
ァイバー(だったかな)だから。見かけは
布。自然光がやさしくとけこむのは良いの
ですが、太鼓に皮を貼ったような状態なの
で、雨がふったら、ドンドコ、ドンドコ。
鳥が歩いけばズンドコ、ズンドコ。ハッピ
の一枚もはおりたくなります。
 建てた建築家はこれをきっかけに、梱包
芸術で名高いクリストと対談することにな
ったそうです。すっぽかしたらしいけど。
クリムトを。

 少しは見えたました?眞木準企画室。

 さて、来週のコラマーは眞木さんです。
といいたいのですが、師匠の負担をへらす
のが弟子たる第一条。増やしてどうする。
という訳で、東急エージェンシーの小林孝
悦さんです(仕事増やして、ごめんなさい
)。小林さんは、クリーニング屋の潔白を
証明するために、6時間おき(でしたよね)
にポスターを張り替えた、イノセントマン
であります。その心がほんとにイノセント
かどうかは、来週のコラムをよーく見てみ
ましょう。
 お目よごしでした。

  • 年  月から   年  月まで