リレーコラムについて

根拠のない自信が、後で根拠になる。

林潤一郎

実家だけでなく、高校の通学路も奇跡的に同じだった野澤さんから、
リレーコラムのバトンを受け取りました。

こんにちは。
2007年、警備員さんの求人広告で新人賞をいただきました、
リクルートメディアコミュニケーションズの林です。

突然ですが、皆さんは、いま自分がやっていることに、自信を持っていますか。
僕は、持っています。まったく、何の根拠もありませんが。

コピーライターになりたい! そう思ったのは、4年前。
新卒入社した小さな広告代理店で、SP営業をしていた時です。

もともと僕は、サッカー部、軽音楽部と、
女の子にモテるかどうかを重要な判断基準にして生きてきました。

大学でももちろん、社会人になったら一番モテそう! 
な広告業界を目指して、マスコミ学を専攻していたのです。
でも実態は、プロのバンドマンになりたくて音楽三昧。
その頃の僕は、なぜか座右の銘がStay Kidsだったので、
音楽で食えないと気づけたのは新卒採用のシーズンが完全に終わった4年生の8月。
アウト気味です。

B-ing(弊社の中途採用情報誌。今は休刊中)を片手に、
「新卒なんですけど、面接してください!」と、
東京中の広告系(に関係があると思われる)会社を回ったのは懐かしい思い出です・・・。

ともかく、そんなこんなではじめた営業の仕事ですが、
成績を上げるために色々と勉強しているうちに、素敵な広告、そして、
なんかいい感じの雰囲気を放つクリエーターさんとの出会いを重ね、
売る側から、作る側にシフトしたくなってしまったのです。
モテとは、関係なしに。

すぐに宣伝会議へ通い始め、総合コース、上級コース、専門コースと、
間を空けることなく1年強、がむしゃらに勉強しました。
コピーライターになれる自信が、なぜか、あったのです。
(泣きべそかいてましたが)

営業主任までのぼりつめた会社も、
3年やったらコピーライターになろうと決めていたので、
転職先が決まらないまま3月ジャストであっけなく退社。
送別会では、これまた何の根拠もなく、
ぐしゃぐしゃに涙を流しながらこうスピーチしました。
「ぼ、ぼぐわ、3年以内に、絶対にTCC穫って、みんなに会いにきます!」

ところが転職活動は想像以上に厳しく、
営業しかやったことないんでしょ? と、
30社以上のプロダクションで不採用となりました。

やっと内定の出たプロダクションでもコピーライター採用だったはずなのに、
スーツを着てこいと言われて毎日飛び込みをさせられる始末。
心も体も、ダウンしました。

そんなとき、手を差し伸べてくれたのが今の会社です。
週刊媒体であることに加え、雑誌メディアがまだ元気だったあの頃は、
これでもか! というくらい、コピーが書けました。
仕事はハガキよりも小さな求人枠ばかりでしたが、とてもうれしかった。
鬱積した想いを晴らすかのように制作に取り組めたのは、
充実した毎日に抱いた根拠のない自信のおかげ。
これだけ書けば、巧くなる! と。

入社から半年が経つ頃、先輩に誘われて応募したTCC。
運良く新人賞をいただくことができました。

受賞からは早いもので1年以上が経ちましたが、
相変わらず根拠のない自信を胸に、がんばっています。
先輩や上司、広告業界を牽引する一流のクリエーターの皆さんからすれば、
なぁに、そのくらいで自信なんて持ったらだめだぜ。
なんてお叱りを受けてしまうことは承知の上で。

それでも根拠のない自信は、大切だと思います。
水泳の北島康介選手じゃないですが、
自分自身に「自信あるよな? もちろんできるよな?」と、
プレッシャーをかけることで努力が続き、見えない力も発揮できる。
その努力とアウトプットが、成功の根拠になる。後で、振り返ったときに。

初日から、説教臭い話をしてごめんなさい。
ビールを飲みながら書いていたもので、つい。
(お酒を飲むと、大言壮語ばかり吐きます)

あ、あと、最近のコラムで流行っているコレ、
僕にもやらせてください↓

根拠のない自信に賛成してもいいかな、と思う方、
自分が大切にしているのはこんな考え方! という
ご意見はこちらへどうぞ。

Mail:um101707@r.recruit.co.jp

林潤一郎の過去のコラム一覧

5135 2021.07.16 ネツゲン
5134 2021.07.15 タイゲン
5133 2021.07.14 シュゲン
5132 2021.07.13 ゴキゲン
5131 2021.07.12 キンゲン
NO
年月日
名前
5185 2021.10.18 中川真仁 まだ私たちは出会っていない。
5184 2021.10.17 加藤 千尋 柚子農家の中川さん
5183 2021.10.14 加藤 千尋 『梨泰院クラス』妄想キャスティング
5182 2021.10.12 加藤 千尋 ねぇナナ、
5181 2021.10.10 山本 絵理香 知る
  • 年  月から   年  月まで