リレーコラムについて

プチ公開オーディション

関一行

              プチ公開オーディション

           勝ち抜き「メシ喰いに行こう」選手権!

          優勝者は、なんと今週末、食事に御招待!
  
  
  そう、今週末、僕(たち)とごはんを食べに行ってもよいという女性の方
  下記のアドレスにアクセス!
  今週何回かのメールのやりとりの中で優勝者が決定(1名とは限らない・
  グループ参加も可)。
  その選考過程から食事会の模様までをこのコラムで随時公開(許される範
  囲でね)。
  
  さあ、メシが食えるチャンス!有名になる?チャンス!どしどしご応募を!
  

 <応募方法>
  下記のアドレスに、チョー簡単な自己紹介を添えて(写真可、水着写真
  なおさら可)メールしてください。

     sekky@isbbdo.co.jp

 <資格>
  今回は若い女性、及び、見た目若い女性に限らせていただきます。

 <応募期間>
 2000年5月8日(月)いっぱい

えー、どーも、関 一行です。

火曜日にやっかいなCF撮影を控えてるという、このクソ忙しい時に花岡ちゃんか
らリレーコラムなどという素敵なプレゼントをいただき大変感謝しております。

忙しい時にひたすらつらいのはイヤだし、どーせぼくのコラムなんて読んだって
しゃーないでしょと思ったんで、こんな企画にしてみました。
でも、こうするとちょっとはみなさん興味がわきません?
こんなメールが来たとか、こんなおもろい人がいるとか、短い期間ですけど随時
紹介していきますからね。

いわば、ネットドキュメンタリーです。

実際、このホームページってどんな人が、いくつぐらいの人が、どのぐらいアク
セスしてるのか、知りたいじゃないですか。

それと、今、表現として一番強いものってドキュメンタリーじゃないかと思うん
ですよ。
例えば『電波少年』。あの笑いって全部ドキュメンタリーによるものですよねえ。

また、話題になった恐怖映画『ブレアウィッチプロジエクト』なんかも、やらせ
なのか、やらせじゃないのか、非常にドキュメントなカンジが新しかった。

CMの世界だって『松坂大輔共同開発….』なんて巧妙にドキュメントタッチだし、
お茶づけなんかもそんなニュアンスが新鮮だったんじゃないかな。
『なっちゃん』も本庄まなみの『沖縄』もビデオ映像を組み込んでドキュメント
っぽさを演出してますよね。

きてますよね、ドキュメント系。

結局、いま、限りなくバーチャルか、ノンフィクションか、なのかな。
プレステと、ワイドショーは、しばらく安泰かな。

で、僕も広告屋としてせっかくこんなメディアを貸してもらったんだから、いろ
いろ有効に使わなきゃ、ということでこのリレーコラム史上初の試みであるドキ
ュメンタリー手法を導入してみたわけです。
ホント、とのぐらいアクセスがあって、どんな人が集まってきて、どんな人が選
ばれるか、楽しみじゃないっすか?
このメディアの特性を活かしたけっこうイケテる企画じゃないっすか?

え?神聖なTCCのホームページをつかって合コン相手を選んでるんじゃないかっ
て?
めっそうもない。これは、実験ですよ。調査ですよ。
でも、めちゃくちゃアクセスが少なかったらこの企画は、そこでおしまい。
別企画に切り替えまーす。

そうそう、僕のこともう少し言っとかなきゃですね。
えー、僕は現在、代理店でコピーライターっちゅうか、クリエイティブディレク
ターっちゅうかをやってまして……、あ、あとはメールくれたら教えてあげる。

関一行の過去のコラム一覧

3812 2015.02.07 Cher Louvre
3811 2015.02.06 本日、飲み会につき
3810 2015.02.05 元気は出せ。
3809 2015.02.04 2本線のadidas
3808 2015.02.03 I’m sorry!
NO
年月日
名前
5009 2020.10.29 古屋彰一 網下着おじさん
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
  • 年  月から   年  月まで