リレーコラムについて

風呂入ったか? 歯、磨けよ!

福部明浩

日本人のほとんどが知っているであろう
このドリフの有名なセリフ。

これが、実はキャッチコピーであったことを
あなたはご存知であろうか?

ま、これは同期のコピーライター
加藤大志郎から聞いた話なので、
もし事実誤認等あれば、
苦情はドシドシ彼に送ってほしいのであるが、
実は8時だよ全員集合のスポンサーは、
あの「おはようから、おやすみまで」の
ライオンさんだったのである。

いや、これを聞いたときはビックリした。
なるほどな〜、と唸ったものである。

ドリフは、毎週、毎週
超〜〜楽しみに見ていた。
幸せな土曜日の、象徴的存在であった。

そして、ドリフが終わる時間は、
9時に寝なければいけなかった僕にとっては
「歯磨きの時間」そのものであったのだ。

オカンから言われても
うっとーしいだけの言葉も、
加トちゃんから言われたら俄然聞いてしまうのである。

うーん、なんと幸せなアイデアであろうか。

だいたい、「歯磨けよ」なんて、
ホントは親ぐらいしか言ってくれないこと。
それを、影響力抜群のスターに言わせ、
しかも、きちんと商売に結びつけ、
おまけに、セリフ自体も
子供が真似しまくる「文化」にまで昇華させているのである。
THIS IS キャッチコピー!!!

おかげで、生まれてこのかた
僕はほとんど歯医者に行ったことがないくらい
歯は丈夫なのである。

ひょっとすると、
本当のビッグアイデアとは、
それが「アイデア」であることを気づかせないくらい
ビッグなものなのかもな、と
この話を聞いて思いました。

つまり、
あの「コピー」いいねと言われるような
コピーでは、駄目なのかもしんないなと、
こう思うわけです。

あ、嘘です。
私は今、嘘を言いました。

あのコピーいいね〜、なんて言われたら
あんた、そりゃもう最高にうれしいわけです。
人格すべてを肯定されたような気分にさえなります。
・・・浮かれすぎか?

まったく、
まだまだ精進が足りないのであります。

みんな、コピー書いてるか? 企画磨けよ!

NO
年月日
名前
5437 2023.02.08 坂本和加 「君はヘン」
5436 2023.02.07 坂本和加 「3冊目の本の話」
5435 2023.02.06 坂本和加 「変わらない言葉」
5434 2023.02.03 原麻理子 好きなコピー、気になるコピー
5433 2023.02.02 原麻理子 제 사랑하는 한국어(私の愛する韓国語)
  • 年  月から   年  月まで