リレーコラムについて

夢の仕事1

柴田常文

こんにちわ。
可愛い部下のお願いと、酒とゴルフのお誘いが断れない柴田です。

このコラムは、広告やコピーラーターに関心のある人、あるいは、
業界関係者が開くページでしょう。まあ、関係者はさておいて、
これからコピーライターをめざす若い人(そう、今このページを開いているあなた!)に向けて、私は書こうと思う。

コピーライターの仕事は、素晴らしい!楽しいよ!面白いぞオ!
と、訴えたい。 題して「夢の仕事」その1です。

 「おはよう!」と、カン高い声を張りあげながら、そのお方は、
朝7時きっかりに、やって来ました。
帽子をとって、深々と丁寧なご挨拶を、先にされてしまう。
あった瞬間、「太陽」というキャッチフレーズが、浮かんだ。
我が少年時代からの憧れ、いや、神様と言っても過言ではない。
胸がドキドキする。こんなトキメキは、オンナともなかったぞ?
私は、仕事を忘れて、すっかりアガってしまっている。

「ねえ、シバッチャン!長嶋、撮影しない?」と、
出版社の某学館から電話が入ったのは、かれこれ数年前。
「某年サンデー」というコミック誌の創刊号を飾ったのは、
かの長嶋茂雄、ミスタージャイアンツ、であった。
その創刊号を持ってもらって、新聞、ポスターを創ろうという企画。
もちろん断るわけがない。他の仕事を放り出して、オープン戦の
宿泊先であった大阪のホテルへ飛んで出かけた。
もらった時間は、わずか、30分!

長嶋さんは、人の話に耳を傾けるような人ではない。
神は、世事にはトンと関心がないのである。
「今日は何?」とお尋ねなさるので、「実は・・」と事情を申し上げると
創刊号を手にとりながら「ほほう。そーーでしたねえ。そーーでした」
と、思い出したかのように、あのスマイルでおっしゃる。
「覚えていますか!」と、感激して畳みかけると、
「いやあ、覚えていませんねえ」と、平然とおっしゃる。
アララ・・ガクリ。

私は、仕事をしたタレントさんや、著名人とは記念撮影など
基本的にはしない人だが、この時ばかりは、お願いしてしまった。
ミスターは、快くOKして、何枚も撮らせて頂いた。
「いやあ、ベリーですねえ、ほほう、
いわゆるひとつの、グッドですねえ」と、カメラ機材までお誉め頂き、
終始ゴキゲンであらせられた。

最後にお礼を申し上げると、さらに大きなスマイルで、
「いえいえ、どーも、どーーーも。で、
これ、なんの撮影?」と言い残して、足早に去っていかれたので
ありました。アララ一同・・ガクリ。

その時書いたキャッチは、長嶋茂雄ではなく、
「長嶋、英雄。」というものであった。
名前に、点、丸を入れて、チョイと変えるような大胆なことも、
「ホホウ、英雄ですか・・・ハハハ」と、
大らかに認めて頂いたのでありました。    つづく。

NO
年月日
名前
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
4988 2020.10.20 神戸海知代 ぐいパンは、愛にあふれてる。
4987 2020.10.19 神戸海知代 世界は、メッセージにあふれてる。
  • 年  月から   年  月まで