リレーコラムについて

素浪人ファーストアウト

近藤成亀

競合で負けた時、営業がこんな報告してくれます。
「いやぁ、ウチの案2番目によかったらしいんですけど‥」
あるいは「担当者レベルでは本命だったらしいんですが‥」。
何故かこう言われるケースが多い。異常に多すぎる。
まぁ、本当に「準優勝」だったのかどうかはともかく、
一着になれなかったら、二着もビリも同じなわけで。だって
提案したものはカタチにならないし、売上げにもならないわけだし。
いっそ「ぶっちぎりで不評でした!」と言われたほうが
せいせいするかも。あ、営業は困るか。

すみません。実は今月に入ってプレ2連敗、
いきなり愚痴ってしまいました。

いま私の頭の中にあるのは‥
「もし勝っていたとしても」「企画に追加注文アリ」
「しかもマグニチュード7ぐらいの」「さらに納期は前倒しに」
「なんだよ、こんなのできちゃったよぉ」という最悪の展開、そして
「あれ、誰がつくったの?」という同業からの非難の声
‥みたいな、とっても勝手なストーリーです。そんな感じで
(だから獲れなくてよかったよ)と強引に自分を納得させています。

まぁ、こんなアホなこと考えながら、
徐々に、ふっきれていくわけです。私の場合。
次いこ、次。

  • 年  月から   年  月まで