リレーコラムについて

風の星座

神戸海知代

生まれた時代には、意味があるの?

世代によって、違いはあるの?

 

なぜいま生まれてきたのか?を考えはじめると、必ずぶつかるギモンです。

星の動きについては、これから学ぶ予定ですが

講座で聴いた話がおもしろかったので、忘れないように書きます。

 

個人差はありますが、人の意識は10年単位で変わります。

たしかに、西暦の下2ケタの数字で

60年代生まれ、70年代生まれ、80年代生まれとよく呼んでいますね。

 

60年代生まれは、この世界を

キビシイ目で見つめていて、なんとかして変えようとします。

一方で、どうしようもないと

皮肉交じりにあきらめて、変化への欲求を閉ざしてしまう人たちもいます。

 

70年代生まれは、もっとオープンで

なぜこう思うのかはわからないけれどそうなんだよねという感覚を

もっている人がふえてきます。

一方で、まちがえた星に生まれてきたと感じている人たちも。

 

80年代生まれになると、イライラしている人がたくさん見られます。

世界のさまざまな変化を目のあたりにして

こんなふうになるはずがない、なにかがおかしいぞと感じています。

 

どんな年代を生まれたにせよ

人生で年を経れば経るほど、その過程のなかで自らを開くことができます。

知れば知るほど、年をとるのが楽しみになってきますね。

 

双子座、第三宮。風の星座、柔軟宮。

 

双子座の特性が強い人は、学校での毎日がたいへんだったかもしれません。

 

なぜなら、双子座の学び方は教科書のページを開いて

1ページ目から学んでいきましょうというのは、らしくないから。

本を開いて、ページを見ると

そういえば、ほかのところにも書いてあったなと別の教科書に手を伸ばす。

 

ひとつの物事がほかの事象に、どうつながっているのか知りたい。

 

キーワードは、コミュニケーション、つながり。

蝶々が花から花へ飛びまわるイメージ。

 

できるだけ多くの人と会いたい、触れていたいのです。

 

天秤座、第七宮。風の星座、活動宮。

 

活動宮である天秤座は、関係を仕掛けるという位置づけです。

なにかをはじめるのが活動宮。

関係とは一対一だけではなく、一人と家族、社会など、つながりのすべて。

 

パートナーと深くつながっていたいと望んでいる。

調和的で幸福な関係を強く願っている。

身を置くどんなところでも、人間関係の調和とバランスを強く求めている。

家庭であっても、職場であっても。

 

それらは結果的に、世界の平和へつながっていく。

 

何年も前からずっと、パートナーと別居婚を楽しんでいる。

そんなわたしの兄の太陽星座も天秤座です。

 

水瓶座、第十一宮。地の星座、固定宮。

 

いまこの過渡期において、とても重要なエネルギー。

 

水瓶座は、真実を明かしたいと思っています。

安全に生きるならみんなと同じでなければならないと教えられていたころ

そのことが、なんども危うい状況を招いていました。

 

真実を明かすこと。真実を明かすことで

一人ひとり個性が異なっている、一人として同じ人間はないという事実に

わたしたちは気づくことができます。

 

一人ひとりの違いが大切だと知っている。人道主義的な感覚をもっている。

社会的変革にチカラを発揮して

誰もが自分らしく生きる時代を生みだします。

 

さいごは、水の星座です。

 

 

神戸海知代の過去のコラム一覧

4784 2019.12.27 水の星座
4783 2019.12.26 風の星座
4782 2019.12.25 地の星座
4781 2019.12.24 火の星座
4780 2019.12.23 星は語る
NO
年月日
名前
4936 2020.08.07 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その3
4935 2020.08.05 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その2
4934 2020.08.03 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その1
4933 2020.07.31 久山弘史 「出塀六本木」のこと。
4932 2020.07.30 久山弘史 「出汁キメ」のこと。
  • 年  月から   年  月まで