リレーコラムについて

追憶みたいな

近藤成亀

記憶というのは不思議なもので

アタマの中に引き出しがあるとすれば

開けて上の方に入っているのは

何故か「どうでもいい事」や

「忘れても構わない事」だったりします。

(しませんか?)

 

僕が小学五年生の頃

ある日「自転車を買ってやる」と

唐突に言い出した父。

その背中を追って、夕暮れの田舎道を歩き

二人は自転車屋へと向かいます。

 

店先に並べられた十数台の中から

僕が、スポーツサイクル風ジュニア用自転車

(黒いボディに当時流行りの五段変速機がついていた)

を恐る恐る指差すと

父は、なんと「ツケ」でその自転車を買い求め

店主との交渉を経てその目的を果たしたのです。

 

「お金持っとらんでも買えるとぞ!」

その自慢気な顔を向けられて

そこまでして欲しくはないよ、とは言えません。

小声でアリガトウと返し、複雑な心持ちで

自転車を押しながら帰路につきました。

 

以上

〜社会における信用というものを息子に示したくなった父〜

シーン65/テイク1

 

もっと素敵な思い出があった筈なのに

何故かこのシーンが引き出しの上の方に入っていて

手を突っ込むと、つい取り出してしまうのです。

下の引き出しも(そっちの方が良い話に違いない)

今度ゆっくり探してみよう。

 

もうすぐ命日だな。

いつ墓参りしようかな。

今朝、ぼんやり考えていたら

こんな内容になってしまいました。

この話にオチはありません。

 

NO
年月日
名前
5364 2022.09.17 宮坂和里 アイデアは自分の分身か否か
5363 2022.09.16 宮坂和里 素ってなんでしょう
5362 2022.09.14 宮坂和里 運動部不信仰
5361 2022.09.12 宮坂和里 視野が狭い
5360 2022.09.09 河内大輝 はじめて感謝したCM
  • 年  月から   年  月まで