リレーコラムについて

親バカ反省会場はこちらです。その①手紙を書く

小池光洋

畏れ多くも

大尊敬している吉田早苗さんからバトンを受け取りました、

一児の父の小池と申します。

ちなみに、引き出しは多くないです。

 

息子のことを書きます。

息子との恥ずかしい過去を告白します。

 

息子は今年12歳、お受験真っ最中です。

反抗期でもあり、憎まれ口も達者です。

でも、憎らしいけど好きなの。

私のこと好きかしら、はっきり聞かせて、と父は思う。

だって、あいつはあいつは、年下の男の子ですから。

 

あれは12年前、息子が生まれた時。

僕はマタニティハイになり、

数々の恥ずかしい行動に走ってしまいました。

 

その行動に向き合うために、告白します。

あ、別に向き合わなくてもいいんですけどね。

 

反省その①将来の息子に手紙を書いた

 

父になった君へ

 

君を見つめていると気づくことがある。

僕が君を見つめる目。

それは、そのまま僕の両親が僕を見つめたまなざしだ。

僕は君を愛している。

そして、こんな風に僕は親に愛されていた。

この手紙を残すのは、

君に、そのことを知って欲しいから。

いや、別に、愛情を押し付けるつもりは無い。

でも、君が、君の息子か娘を不器用に愛する時が来たら、

そして、その不器用さに辟易する時が来たら、

親の目で、この手紙を読んで欲しい。

君の父も、もちろん母も、そして祖父母も、

そうやってわが子への愛情を、

持て余して、扱いかねて、火傷しながら、

それぐらい激しくわが子を愛したことを、

父として実感する日が、きっと来るだろう。

 

いるよねぇ、こういう新米パパ。

それにしても、見事にやっちまった。

なんだ、この丸出しの酔いしれ感は。

コピーライターとして、いや人として恥ずかしすぎる。

この手紙を愛する息子に捧げます。って、

アカデミー賞受賞式のあいさつかよ。

なんなら遺書かよ。

 

あぁ、恥ずかしい。勘弁してください。

明日は、反省その②です。

NO
年月日
名前
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
4916 2020.07.06 杉山恒太郎 おかえり GINZA
4915 2020.07.03 山根哲也 零度目のバトン
4914 2020.07.02 山根哲也 何度目かの春
  • 年  月から   年  月まで