リレーコラムについて

舞台みたいな

近藤成亀

こんにちは。

福岡で「基本」コピーライターをしている近藤です。

基本というのは、その言葉通り「いつもは」という意味で

仕事によって役割はさまざまです。

CDの立場で引き受けることも多いですし

映像まわりだと、プランは勿論のこと

無謀にも演出までしてみたり。

慣れないイラレを駆使して何かこさえたり。

そもそも個人事業主なので

すべての仕事は営業案件とも言えます。

 

ちなみに、このリレーコラムの前走者

後藤さんとご一緒した仕事。

長崎県にある佐々という小さな町のプロモーション映像。

 

 

演出は、もちろん後藤誠一さん

コピーは私

、、、だけじゃない!

 

ナレーターも後藤誠一さん

カメラ(ごく一部ですが)私

と、兼任してたりします。

 

この時は、元の職場の先輩・後輩

プロダクションの皆さんと何組かのチームに分かれて

泊まり込みで100人以上取材して回って

(特に編集が大変だったと思いますが)

その甲斐あって、完成後、クライアントも

スタッフもピースフルな気分になれる仕事でした。

※あらためて後藤さんの「声」がすごくいいです。

 

こういう一人何役もできる環境、

ローカルクリエーターの醍醐味です。

キライじゃないです。

まるで舞台みたいじゃないですか。

野心家の兄君を演じていた俳優が、衣装チェンジして

次の幕では誠実で優しい弟君として登場する、みたいな。

って、ちょっと表現にムリがありますね。

とにかく、福岡でコピーライター

しかもフリーランスで食っていくなら

パソコンやスマホばかり見てちゃ駄目だ!ってことかな。

などと勝手に結論づけて、今日はこの辺で。

天神をウロウロして帰ります。

誰か会えるといいな。

NO
年月日
名前
4856 2020.04.03 高橋祐司 「言葉」は死んだ?
4855 2020.04.02 高橋祐司 「別れ」は死んだ。
4854 2020.04.01 高橋祐司 「偽物」は死んだ。
4853 2020.03.31 高橋祐司 「古い」は死んだ。
4852 2020.03.25 高橋祐司 「年齢」は死んだ。
  • 年  月から   年  月まで