リレーコラムについて

職場怪談② ~招かざるコピー~

堀内有為子

これは私の上司から
聞いた話なんですが、
あなたも体験するかもしれません。

残暑厳しい9月のある日、
別件が押した彼は、クライアントのロビーに
約束の時間ギリギリで到着したそうです。

「企画書、大丈夫か」

うなずく後輩と
速足で会議室へ向かうと
もうクライアントは揃っていて雑談中。

汗を拭きながら
コピーを説明しはじめました。

提案は順調に進み、
セレクトしたコピーは
これで最後のはずだけど…

やだなぁ~
こわいなぁ~
なんだろうなぁ~

まだ数ページ残っていたんです。
恐る恐るページをめくると
そこには見たこともないコピーが…

冷汗がファーッと吹き出してきた。

横を見ると後輩が
まっすぐこっちを見つめ
声に出さず口を動かしている。

タ・シ・ト・キ・マ・シ・タ

勘弁してくれよぉ~

 

 

その後輩は

ワ・タ・シ・デ・ス

ごめんなさい
ごめんなさい

 

 

その後、上司のチェックは念入りになり、
妖怪タシトキマシタは絶滅してしまいましたが、
数年後、上司にコピーのバリエーションをお願いする
妖怪タシテクダサイが出没するようになったとか。

  • 年  月から   年  月まで