リレーコラムについて

職場怪談① ~底なし交差点~

堀内有為子

それは10年ほど前。

クライアントの行き帰り
何百回と通った交差点を
渡っているときのことです。

地面がグズグズと
沈み込んでいくような感覚に
襲われました。

「ちょっと、待ってください!!」
必死に呼び止めた私が目にしたのは
振り返った先輩たちの驚愕の表情。

「お、おまえ、小さくなってない?」

恐怖に足がすくみました。
立ち止まっても
さらに強まる足元の違和感。

うわ~
ヤダなァ~

恐々視線を落とすと
私が通った後に黒い塊がボロボロと
落ちているではありませんか。

それは、加水分解して
崩れ落ちた靴のヒール。
一歩踏み出す度に崩壊は進み

右足が1㎝…
左足が1㎝…

横断歩道を渡りきるころには、
10㎝ほど背が低くなっていました。

ほんとにあるんですねー
こういうことって…

 

誰もいなくなった交差点には
謎の黒い塊だけが残り、
後から歩いて来た人が恐怖したとか、しないとか。

 

 

  • 年  月から   年  月まで