リレーコラムについて

耳で集めた実話集

古川雅之

「大阪のユーミン」こと、電通関西の古川雅之です。
中だるみの四日目、よろしくお願いします。

児島令子先輩からいただいた大事なバトンですから……(フリ)

人様の話でお茶を濁しましょうか。
探偵ナイトスクープでも時々あるでしょ。困った時の小ネタ集です。
題して「耳で集めた実話集」。

①『濃縮還元』ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採取場所:遅めのランチで入った鶏専門店。
僕はチキン南蛮定食を食べながら。
隣の席で、食後のアイスコーヒーを飲みながら20代女子2人の会話。
(おそらくケータイ会社の販売員と美容師)

女1「わたしポンジュース好きやわー」
女2「あたしも好きー」
女1「あれめっちゃみかんやん」
女2「うん百パー以上あるよな」
女1「え、百パー以上ってあるん?」
女2「え、ないん?」
女1「外国のな、濃縮還元はあれやで、こわいで」
女2「なにが? 」
女1「濃縮還元てな、濃縮してんねん」
女2「濃縮?」
女1「濃縮還元てな、ぎゅーって濃縮還元やからな、あれやで」
女2「なんやの、はよいいや」
女1「トマトとかな、産地とか関係なしにぎゅーっとな、
凝縮してんねん」
女2「凝縮?」
女1「そう濃縮、凝縮してんねん」
女2「濃縮? 凝縮??」
女1「それをな、水で、どばーっと薄めてな」
女2「え、ほんだらクレアおばさんみたいな人が
うまいこと濃縮してるんちゃうんや」
女1「いやクレアおばさんは濃縮する人ちゃうで
クッキー焼く人やん」

僕(それはステラおばさんや)

女2「なんなん、水で薄めてんの?」
女1「そう、もう5倍10倍とかの水でぶわーっと」
女2「こわー」
女1「こわいやろー凝縮還元。りくろーおじさんもびっくりやで」
女2「え、りくろーおじさんておるん実際」
女1「え、おらんの?」

②『眼鏡』ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採取場所:昨夜行った蕎麦居酒屋。
20代後半の会社後輩の愚痴を聞く30歳くらいの先輩。
二人はテーブル席で生ビールを飲みながら。
僕はカウンターで、背中越しに聞く。

後輩「いや別に不満ってゆうほどのことでもないんですよ」
先輩「でもまぁ納得いってないんよな、そういうのってええんよ、
おかしいって思うセンサー、意外と大事やからな」
後輩「なんかちょっと、会社のゆうてることと実際と
どうなんって思ってしまうことあるっていうか、」
先輩「お前、そんな眼鏡やったっけ?」
後輩「え?」
先輩「眼鏡、買ったん?」
後輩「・・・・え・・えーとこれ・・もう割と前ですかね」
先輩「え、前、どんなんやったっけ?」
後輩「えーと、、、あの、こんな感じの下フレームない感じで」
先輩「あーー・・・ん? どんなんやったけ」
後輩「縁がシルバーで・・」
先輩「ま、ええか」
後輩「・・・」

③『同棲』ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

採取場所:オフィス街のお昼のランチ。
魚定食のおいしい賑やかなごはん屋さん。
隣の座敷席の仲良し女性、3人組。

女A「同棲とか、ありやと思う?」
女B「ありあり」
女A「そら経験者やし」
女C「でも・・別れたやんな?」
女B「うん。ないのが分かったからあり」
女C「うーーーーわたしは無理やわ」
女A「えーなんで」
女C「一緒に暮らしたら、夜も一緒に眠るやん」
女B「そらそやろ」
女C「寝てる時に、出たらどうするん」
女A「え、なにが?」
女C「こう、寝ててプスーって・・ねぺが出たら聞かれるやん」
女A・B「ねぺ?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ねぺ?
(これは、屁の話にはカウントされません!)
ユーミンだったらこういう話も、名曲にするんだろうな。
タイトルだけ考えておきました。

①しぼってあげたい
②眼鏡を見ていた午後
③ねぺに包まれたなら

世の中は、人生は、人間は、
今日もおもしろい。

では、また明日。

古川雅之の過去のコラム一覧

5398 2022.11.18 3度目のお手紙
5397 2022.11.17 耳で集めた実話集
5396 2022.11.16 屁の話は2回まで
5395 2022.11.15 屁の2
5394 2022.11.14 屁の1
NO
年月日
名前
5408 2022.12.08 辻中輝 ギャンブラーになった日
5407 2022.12.07 辻中輝 ハイボールひとつ
5406 2022.12.03 春田凪彩 人生を変えてくれたコピー。
5405 2022.12.02 春田凪彩 人生を変えてくれたジャスティン。
5404 2022.11.30 春田凪彩 戦争になったら、どこに逃げるのがいいと思いますか?
  • 年  月から   年  月まで