リレーコラムについて

神様にいちばん近い人

大塚麻里江

うちにはコピーライターがいなかった。
わたしの勤める会社は、インターネット広告代理店で、社員の平均年齢は、33歳。
所謂ザ・コピーライターの先輩は、ひとりもいなかった。

そんななか、 初めて自分のコピーを見ていただいたのが、
コピーの神様、仲畑先生だった。
人生こんな贅沢なことがあっていいのだろうか。
ふざけるな!と言う声が聞こえる。
コピーライター全員に嫌われてしまってもしょうがないと思う。
仲畑先生に初めて自分のコピーを見ていただいたとき、それはそれは緊張した。
そして、なんだか全てを見透かされているような気がして怖くなった。
仲畑先生には、
きっと、コピーを通して、わたしがどんなふうに生きてきたのかが、
透けて見えてしまっていたのだと思う。
恥ずかしいことも、知られたくないことも全部バレてしまう。
神様の前で、取り繕えるはずがないのだ。

コピーをかくのは、こわいことだ。
コピーを見せるのは、もっと、こわいことだ。と思った。

それを知ってて、この仕事をしているコピーライターの先輩たちは、本当にすごい。
そして、やっぱり、ちょっとおかしいのかもしれない。(ごめんなさい、最高の褒め言葉です。)

わたしも自分の全てを曝け出す覚悟で、コピーを書かなきゃ。
そう思ったことを忘れたくない。
絶対に忘れたくないのに、
普通に生きているだけでも、どんどん元の取り繕った自分に戻ってしまうから困りものだ。
だから、わたしは自戒を込めて、今、この話を書いている。
そして、そんなときには、仲畑先生のお話を聞きながら、メモさせていただいたノートを何度も読み返す。
(仲畑先生のしてくださるお話は、どんな話もメモしたくなってしまう。)
そうすると、自分を取り繕うとしてできた殻が、またちょっとづつ剥がれていく気がする。

仲畑さんに出会う前の自分には、戻りたくないなあ。

NO
年月日
名前
5110 2021.05.13 河西智彦 65歳定年のヤバさ
5109 2021.04.30 斎藤武一郎 「祭りの後」のコンテクスト
5108 2021.04.29 斎藤武一郎 ビジョンは重要か?
5107 2021.04.28 斎藤武一郎 70点主義
5106 2021.04.27 斎藤武一郎 オジサン新人
  • 年  月から   年  月まで