リレーコラムについて

流れでTCC会員になった男④

盛田真介

ぼくは

TCCを知らないまま、

TCCに応募し、

TCC会員になりました。

 

それからコピーライターとして勝負することを決意し、

決してメジャーとはいえない小さい仕事を

コツコツ、コツコツがんばりました。

 

 

そして2011年。

TCC審査委員長賞を受賞することができました。

 

 

「いつかもう一度、あの授賞式の場に戻りたい」。

 

新人賞受賞のときにそんなことを夢見ましたが、

結局は「いつか宝くじで1億円が当たったら」ぐらいの

空想上の理想でしかありませんでした。

 

ましてや、TCCがいかなるものかは

当時の比にならないほど理解していました。

だからこそ、受賞のご連絡をいただいたときは

にわかには信じられず、

悪質なイタズラである線をしばらく疑いつづけました。

 

 

新人賞のときは運だけ。

100%まじりっけなく、運だけで受賞しました。

 

今回も間違いなく運です。

運なんです。運なんですけど、

これは自分にしかわからないんですけど、

運だけじゃない手応えのようなものを感じました。

 

 

夢にまで見た二回目のTCC授賞式。

このときも正直、心から楽しむ余裕はありませんでしたが、

前回は緊張で近寄ることもできなかった久兵衛のお寿司も

しっかり食べることができました。

 

何人かの方に話しかける度胸もついていました。

 

なんだか少し、コピーライターになれた気がしました。

 

 

審査委員長賞をくださった仲畑さんから、

授賞式でこんなお言葉をいただきました。

 

「キミたちみたいなタレントとか予算に頼らないコピーライターに、

 広告の世界を変えてもらいたいんだよ」。

 

10年以上が経つ今も、

この言葉は自分を支えてつづけてくれます。

 

 

審査委員長賞をいただけたこともきっかけとなり、

電通西日本という会社に転職。

そして現在もなんとか、

コピーライターとして生きていけています。

 

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで