リレーコラムについて

時間とコストと熱意 

いとうとしこ

\あけましておめでとうございます/

神戸海知代さんからバトンを受け取りました、いとうとしこです。

神戸さんのコラムにも書かれていましたが、広告代理店A社時代、コアラのマーチのお仕事で「このコアラが出たら、こんなことがあるかも」みたいな占い的なミニブックやSNSを365日発信するというハードな企画をやっていました。そう言えば私が産休に入るときに、神戸さんにメンバーに入ってもらったのでした。占いとか子育てとかで、何かと縁があります。

 

そして、そんなご縁が色々とつながって、昨日(2020年1月5日)は、フジテレビの「対決!錬金チャレンジャー」というバラエティ番組に、キャラクタービジネスのアドバイザー(軍師)役で出演させていただきました。

 

以下番組H Pからの引用。

「この番組は、一般の方3人が100万円の元手を使い、自らの夢を叶えるため、得意な技をいかし錬金にチャレンジするというもの。期間はわずか2週間。5人の子供たちのために、パン作りの技をいかして大きく稼ぎたい主婦。手作りウサギのぬいぐるみで、キャラクター商売での成功を夢見る独身女性。シンガーとして世に出るため、楽曲やPV制作の費用を稼ぎたい路上ミュージシャン。それぞれの事情を抱えた一般人が、一念発起で「錬金」に挑戦します。」

 

それぞれが2週間でブランディングとプロモーションを行わなければならない過酷なレース。

結果は、全員がまさかの赤字という新年のテレビ番組らしからぬオチでした〜。アドバイザーの一人としては面目ない感じでしたが、その分やらせのないリアリティがあったように思います。

 

キャラクターもブランドも、時間✖️コスト✖️熱意で育つもの。その上でアイデアが活かせればひょいっと超えられる壁もある。そんなことを考えさせられた年始でした。

 

さて!今日は仕事はじめです。楽しい一年になるように、がんばりすぎずがんばりたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

NO
年月日
名前
4936 2020.08.07 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その3
4935 2020.08.05 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その2
4934 2020.08.03 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その1
4933 2020.07.31 久山弘史 「出塀六本木」のこと。
4932 2020.07.30 久山弘史 「出汁キメ」のこと。
  • 年  月から   年  月まで