リレーコラムについて

思ってたんと違う④

石山寛樹

30歳になってからは、

1人で仕事をするスタイルが増えていった。

 

名刺はCDでないのに、なんちゃってCDとして

自分で企画して、企画書を書いて

営業さんと一緒にプレゼンしにいって、

必要であれば、他のスタッフにも参加してもらった。

 

そんな折、

SUBARUのディーラー試乗グッズ「ぶつからないミニカー」の

Webムービーの話が僕にきた。

 

時間もなく、できれば1週間後くらいに撮影したい。

また、予算も非常に限られていた。

 

聞くと、別のクリエイティブチームが提案したけれど、

採用されなかったようで、駆け込み寺のように

僕のところに営業さんが話を持ってきたというわけだ。

 

僕としては、頼ってもらうこと自体が嬉しかったので、

ふたつ返事で引き受け、1人で企画をやることにした。

 

時間も予算も限られているが、ちゃんとしたものは作りたいと思って、

制作会社さんの同じ歳くらいの若手プロデューサーの方にお願いして、

監督のアサイン含めて、無理を聞いてもらった。

 

企画して、クライアントにも通って、

すぐ撮影して、編集して、ローンチとなった。

 

できた映像が、こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=6_5LiCGQdKU

 

割と評判が良く、第2弾も制作することがすぐに決定した。

 

ただ僕としてはWebムービーなので、

もっとたくさんの人に見てもらわないと、

その役割を果たしてないと思い、

第2弾は「驚き」を伴う企画にして、

より多くの人に見てもらおうと決めた。

※上記リンクの映像は当時は100万回再生もいってなかった

 

決まった企画は、

かなり実験的なもので、理屈上は成立しているけど、

実際に制作するとなると、どうやって実現するか、

監督やプロデューサー含めて、みんなで連日連夜、話し合った。

 

前回よりは時間はあったが、予算は同じく限られていたので、

アナログ撮影でやり切ろうという話になった。

撮影も編集もMAもとても困難を極めた。

 

できた映像が、こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=QQg2oTXcxZg

 

苦労の甲斐もあり、ローンチ時期が年末で世の中的に冬休みに入ったことも後押しして、

国内外で反響を呼び、話題となった。好意的なコメントも数多く寄せられた。

 

大きな話題となったので、第3弾の制作も決定した。

 

僕としては、次はSUBARUが見る夢を描く企画と決めて、

企画してプレゼンして、制作していった。

 

これもまた実現するのに非常に困難を極めた撮影だったが、

とても優秀なスタッフたちのおかげで、なんとか良いものが撮影できた。

 

編集段階で、ムービーのラストにコピーを入れようとなった。

これは僕の判断というよりも、監督がコピーを入れた方が

よりグッとくるからとアドバイスをくれたのだ。

 

そこで僕はコピーを書いた。

 

「ぶつからない世界へ。」というコピー。

 

安全技術を持つSUBARUが抱く理想の未来に向かっていくコピーで

締めたいと思ったからだ。

 

できた映像が、こちら。

https://www.youtube.com/watch?v=m75HmwoXjxk

 

これらのムービーシリーズは、国内外の広告賞を数多く受賞し、僕の代表作となった。

ちなみにTCC新人賞は、1次審査通過止まり。今考えれば、納得である。

 

これによって、社内でも以前より注目されるようになり、

色々と声をかけていただく機会も増えていった。

そして、名刺にもCDの肩書きが入った。

33歳の時である。

 

色々と嬉しい反面、僕はある課題に直面していた。

 

それは「コピー」だ。

 

自分で企画をして、コピーも入れようと書くものの、

方向性は正しいのかもしれないが、どうも何かしっくりこない。

 

自分で企画したのに、コピーが締まらないので、

企画もボヤッとするし、よくも見えない。

 

もっと言えば、キャンペーンを展開するのに、

真ん中にドン!とコピーを置きたいのに、

ズバッ!と決まるコピーが書けない。

 

もちろん誰かコピーライターの方に、

書いてもらえればいいのかもしれない。

 

ただ、当時、自分でコピーが書けないと、

今後、自分は使いものにならなくなるぞという、

悪寒に似た感覚を、直感的に感じていた。

 

これは半ば強制的に、

コピーの修行をする必要があると

密かにサイレンが鳴り始めていた。

 

そんな時に、

ある外資エージェンシーに行く話が出てきた。

 

Wieden+Kennedy Tokyoだ。

ナイキなど名作を作っているアメリカのエージェンシー。

 

僕は以前から、この会社が作る広告が好きだった。

クラフト力もさながら、

強いメッセージ性のある広告を数多く作っていた。

 

そんな中でいちばん好きな広告がこちら。

P&G The Best Job

https://www.youtube.com/watch?v=BnBvlz8EaZ0

 

いつ見ても確実に泣ける広告で、泣きたい時はこのCMを見ている。

自分が親になったこともあり、子に対する母の愛情が沁みて仕方ない。

 

映像も素晴らしいのだが、ラストのコピーがまた素晴らしい。

 

The hardest job in the world,

is the best job in the world.

Thank you, Mom.

 

世界でいちばん大変な仕事は、

世界でいちばん素敵な仕事です。

ありがとう、お母さん。

 

この広告を見てから、もう完全に虜になってしまった。

そんなエージェンシーで働けるチャンスがある。

 

正直、自分の力を考えると、時期尚早な気もしたが、

コピーを鍛えること、強いメッセージを開発すること、

あのクラフト力を学ぶこと、英語でのコミュニケーション、

などなど、修行の場にはもってこいだと思い、

W+K東京でお世話になることに決めた。

 

まさか、自分が外資で、

しかもワイデンで働くことになるとは。

 

思ってたんと違う。

 

つづく。

—-

 

4日目は以上です。

30代前半は、仕事も会社も家族も変化していき、

人生が動いていった時期でした。

しかし、紆余曲折はまだ続きます。

NO
年月日
名前
5669 2024.02.20 佐藤雄介 上田さんについて
5668 2024.02.09 堀田さくら 最後かもしれないだろ
5667 2024.02.07 堀田さくら 外資系の人事って、こんな感じかなぁ
5666 2024.02.06 堀田さくら ゲームをしたいのか、仕事をしたくないのか。
5665 2024.02.05 佐藤一貴 神宮外野指定席C
  • 年  月から   年  月まで