リレーコラムについて

噛み、が好き過ぎて。

久山弘史

僕は、人が「噛む」のが大好きです。
ものを食べるほうの「噛む」じゃなくて、
言い間違う方の「噛み」ですね。
奈良→京都→東京へ来たのはもう20年前ですが、
上京当時から感じていたこと。
それは東京の人は、誰かが噛んでも「流す」なあ、ということ。
僕は、ソレを、流せません。好きだから。
誰かが噛むと反射的に「なんてェ?」とわりと大声で言ってしまいます。
それがそこそこ大人数の会議の場であれ、
誰かが「噛んだ」瞬間に0コンマ何秒で「なんてェ?」と言ってしまいます。
最初は、場が和む時もありますが、
毎回誰かが噛むたびにやるので、次第にすごく迷惑そうな顔をされます。
人が噛むのは、みんな好きなもんだと思ってたら、意外とそうでもないんですね。

NO
年月日
名前
4936 2020.08.07 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その3
4935 2020.08.05 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その2
4934 2020.08.03 高田伸敏 いつか僕の名前を検索する君へ。 その1
4933 2020.07.31 久山弘史 「出塀六本木」のこと。
4932 2020.07.30 久山弘史 「出汁キメ」のこと。
  • 年  月から   年  月まで