リレーコラムについて

健全娯楽

岡野鉄平

とにかく厳しかった中学時代。

下校中は「学ランのホックをしめて制帽を被る」という鉄の掟があり

学校から駅の間に放たれた無数のハンター(先生)に
制帽を被ってないところを見つかると

1回学校に戻ってから被り直して下校しなおすという
謎の逃走中を毎日こなしていました。

コンビニすら見張りを立ててこっそり入っていた、
そんな僕らにも、安住の地がありました。

それが、「健全娯楽」という名前のゲームセンター。
今思うと店のネーミング、最高ですよね。

僕らは
「今日、健全どう?」
「放課後、健全集合な。」
「昨日の健全はすごかったな〜。」

などと、隠語を使うことで厳しい当局の監視をかいくぐり
健全な娯楽を楽しんでいました。

健全娯楽は駄菓子屋とゲーセンが一体化した店で
カップラーメンなども完備。買うとお湯まで入れてくれます。

そんな夢のような店は2人の老夫婦がやってまして
僕らは「健全ババア」と「娯楽ジジイ」と勝手に呼んでいました。(ごめんなさい)

不機嫌で、無愛想で、だいたい夫婦喧嘩してました。
カップ麺を頼むと、めちゃくちゃ面倒臭がりながら作ってくれました。
遅くまでいると、早く家に帰れと叱ってもくれました。
対戦相手見ないまま、鉄拳で乱入したら相手がちょっとヤンキーぽくて怖い思いもしました。

今は、中学生でスマホを持っている子も多いだろうし
家で離れた友達と通信対戦だってできる。

娯楽が簡単に手に入る時代。

安全娯楽です。

でも

100円を握りしめ、お気に入りの駄菓子を食べながら
みんなで集まって遊んだあの時代の娯楽は、最高に刺激的だったし
大人へと成長していく中学生にとって本当の意味で健全だったと思います。

ちなみに、健全娯楽ってまだあるのか検索したところ
店の名前は変わってましたが、ちゃんと存在していたので

今度久しぶりに行ってみようかな。

NO
年月日
名前
5065 2021.01.25 福宿桃香 ほんとうにあった怖い話/電車
5064 2021.01.22 三島邦彦 猫と薪ストーブ
5063 2021.01.21 三島邦彦 方法のかけらたち
5062 2021.01.20 三島邦彦 日本宴会芸学会
5061 2021.01.19 三島邦彦 言葉が鍛えられる場所
  • 年  月から   年  月まで