リレーコラムについて

今考えるとコピー鍛錬だったと思うこと①  〜局代〜

中野仁嘉

「TCC事務局です。あの、来週のリレーコラムなんですが、」

「え!やります!」

 

被せ気味で答えた。

一倉さんのコラムを楽しく見ていた矢先のお話。

うれしいけど重すぎるバトン。

 

今週、コラムを担当させていただきます、

22年入会の中野と申します。よろしくお願いします。

 

TCC事務局から電話をいただいたちょうどその日の夜、

一倉さんとも親交のある、とある営業局代とご飯にいったのでコラムの話をした。

 

「お前それ、試されているぞ。」

と、ハードルが上がる一言をいただいた。

 

そもそも、この営業の方とは10年以上前に知り合い、

それ以降もずっと仕事やそれ以外でも気にかけてくれている。

 

僕はPR出身なので若手時代にコピーをCDにびくびくしながら出すという経験がなかったが、

この人はPRだろうがなんだろうが、

どんな仕事においても戦略を言い当てたコピーをしっかり書くということに異常にこだわる人だ。

 

というか、コピー大好き。

日常の発言も、いちいちキャッチコピーっぽい。

 

だから、雰囲気でコピーを書いていくと、めちゃくちゃ不機嫌になる。

たまにこれだ!と思って持っていっても、「いいじゃん。」と一言だけ。

(でもこの「いいじゃん。」がめちゃくちゃうれしいのだが。)

 

一流と仕事をしてきたからだろうか、そのコピー選球眼はすごくて、

いいのが出ないと「じゃあ、俺が書くよ。」といって、

本当にコピーを書いてくる。しかも良いやつを。

クライアントへのプレゼンよりも、

この人へのコピー出しが今でも一番緊張するといっても過言ではない。

 

それでも、最後まで一緒に粘ってくれるし、

何よりTCC新人賞受賞もめちゃくちゃ喜んでくれた優しい人。

 

今思うとこの鍛錬は、コピーの技術というよりも、

提案する企画やコピーの自分の納得度みたいなものを、ものすごく高くしてくれた経験だなと。

 

コラムどんなことを書こうかなと思いながら、ご飯からの帰り道そんなことを考えていたので、

15年の社会人生活の中で、今思うとあれってコピー鍛錬になっていたのではないか?

そう思えるコトを明日以降も書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

そしてどうか、このコラムを根岸局代が読みませんように。。。

NO
年月日
名前
5706 2024.06.24 藤本修二 コネクテッドTV
5705 2024.06.21 藤本修二 14時間ダイエット
5704 2024.06.19 藤本修二 セレンディピティ
5703 2024.06.14 田村友洋 見える化
5702 2024.06.12 田村友洋 マカロン
  • 年  月から   年  月まで