リレーコラムについて

リモートコミュニケーション

中村聖子

半年前くらいから仕事は主にリモートになった。
オリエンも打合せも、プレゼンも基本リモート。
企画作業は今までとそれほど変わらない上、
遠方いても問題なく繋がるし、
交通費もいらない。時間に余裕もできる。
リモートワークはいいことだらけだと思う。
ところがなぜか、平均的に調子が出ない。
どうしてこんなに疲れるんだろう・・・
と考えて気がついた。
そうか。私、あんまり笑ってない。

まず、リモートだとムダな話をしないし、
ずらりと並ぶ顔が全員こっちを向いているので
妙な緊張感や圧迫感がある。
逆に、ビデオ停止で音声もミュートにされると
リアクションがわからず不安になる。

リモートワークは効率的だし、これを機に
ワーケーションなんかも取り入れて、
ますます自由で進化した社会になるのでしょう。
でもやっぱり、なんか、つまんない。
いっそのこと、パソコン画面に並ぶ顔を
好きな芸能人とかキャラクターなどに
変換できる機能を付けてもらえないかな。
堅苦しい会議がスターウォーズの世界になったり、
ドラえもんに向かってプレゼンしたり、
半沢直樹のキャストと打合せできたりして
めちゃめちゃ楽しそう!
と、ここまで書いて、さらに気がついた。

プライベートを充実させろ、私。

NO
年月日
名前
4993 2020.10.28 古屋彰一 軽さという神様への誓い
4992 2020.10.27 古屋彰一 クマとスプレーとわたし
4991 2020.10.23 神戸海知代 現実を変えるのは、ぼくら自身だ。
4990 2020.10.22 神戸海知代 人はなぜ、マウンティングをしたがるのか?
4989 2020.10.21 神戸海知代 感情も、行動も、表現すること。
  • 年  月から   年  月まで