リレーコラムについて

コピーライター出身CD

米田恵子

私にはCDできないなあと思います。

コピーに専念したいこと。あと、

見渡す技量と統率力がないもので、

丁重に辞退させていただいています。

それくらい、CDは大変。CDは偉大。CDは生命線。

才能を発見して、泳がし転がす人。

おしりペンペンする人。フレー!フレー!って言う人。

デザインとコピーとプランと営業を生かせるのはCDだけ。

 

<コピーライター出身CD>

書き手の気持ちがわかっているので、

発注が端的。視点がうまい。打ち合わせが短い。

おのずと、コピーライターの作業時間も圧倒的に短い。

コピー然とした話ができる。

コンセプト骨を即決するので、あとで帳尻あわせる作業は皆無。

同業者中の同業者だからでしょうか、ダントツの信頼感。

 

いいなあ、その1。

打ち合わせが少人数。

コピー出身CDの依頼は、

企業スローガン、企業ステートメントが多いので、

CD、営業さん(社長の生き霊)、コピーライターの三人で、

ひっそりこじんまり◎ 

スローガン、ステートメントのような

社長という的を射貫く繊細な作業にはちょうどいい数。

 

いいなあ、その2。

コピーの目利きが抜群。

おすすめを言わずとも、選んでくれる。

 

いいなあ、その3。

CM、GRとも、コピーを大きくしてくれる。笑

 

いいなあ、その4。

ステートメントの露出を考えてくれる。

プレゼン止まりが多いステートメント。

先方に諭すということは、

機能をわかってくれている証。

コピーライターのエゴかもしれませんが、

やっぱりうれしい。

 

この場を借りてありがとうございます。

NO
年月日
名前
4921 2020.07.15 細川直哉 旅・その2「ボーダーをまたぐ」
4920 2020.07.14 細川直哉 旅・その1「逆の視点」
4919 2020.07.13 細川直哉 旅立ち前夜
4918 2020.07.10 杉山恒太郎 CallitCovid19 コビッドナインティーンと呼ぼうよ!
4917 2020.07.07 杉山恒太郎 変わること、変わらないこと
  • 年  月から   年  月まで