リレーコラムについて

クライアントに泣かされた話

渋谷三紀

制作者だったら、どうしても譲れないものが

一つや二つ(人によってはそれ以上)あったりする。

私の場合いちばんは、

広告の中で人がちゃんと“生きてる”かどうかだ。

 

早稲田アカデミーという学習塾の仕事で、

中学生の男子しんたが作文を読むCMをつくった。

作文の内容(ナレーション)はこんな感じ。

 

***

僕は勉強が好きだ。

学校の勉強も塾の勉強も国語も理科も数学も好きだ。

体育は苦手だけど、保健体育は大好きだ。

でも、勉強が好きだというと、友達からはまじめ君呼ばわり。

学級委員を押しつけられたりもする。

僕は勉強が好きなだけで、まじめじゃない。

立ち読みだってするし、恋愛にもおおいに興味がある。

だけど勉強は面白い。

知らなかったことを知るのは気持ちいいし、

解けなかった問題が解けたときは快感だ。

やっただけ数字になって返ってくるから、テストだって楽しい。

子供らしく遊びなさいと大人は言う。

僕は子供らしく大好きなことをとことんやろうと思う。

勉強最高!勉強好きで何が悪い!!

***

 

プレゼンの日、企画はすぐ気に入ってもらえたのだけど、

3行目の『保健体育は大好きだ。』に待ったがかかった。

「これはどういう意味ですか?」静かに聞かれたら、

「そ・・・そういう意味です・・・」と答えるしかない。

 

男子のすこやかな成長。

ギャグにするつもりは全くなかったけど、

塾のCMでわざわざ言う?ってのは、ごもっともだ。

でも絶対残さなきゃと思った。

たった10文字だけど、

しんたが生きるか死ぬかの瀬戸際!とばかりに説得した。

必死だった。

「渋谷さんの狙いはわかりますよ。わかりますが・・・」

 

結論保留のまま撮影準備は進み、

別ナレーションをいくつか用意しての撮影前日。

ロケ地に向かう京急電車にゆられる私に

営業からショートメールが入った。

 

「OK出ました!いいじゃないかと社長が言ってくれたそうです!

いいCMをつくってくださいとのこと」

 

や、やったーーーーーーーーー!!!

チームのみんなと飛び上がって喜んだ。

安堵感と高揚感の中で撮影を迎えられる幸せ。

信じて任せてもらえると、こんなにも力が湧いてくることを

私はクライアントから教わった。

 

転職で担当を離れることになり、ご挨拶に行った日、

私は泣いてしまった。予想通り。

涙も鼻水も止まらなかった。予想以上に。

手紙を書いてきてよかった。

 

担当者の方に渡した手紙の最後に私は、

早稲田アカデミーは、私の母校です。

と書いた。

  • 年  月から   年  月まで