リレーコラムについて

それはまさに、神様のお告げのように。

生駒達也

(昨日からのつづき)

「希望退職者の募集」という発表がなされたのです。
在宅で一人、Zoom視聴していた私に衝撃が走りました。

全社員への発表なのですが、これは、私に対して
直接話しかけているのではないかと思えました。
「キミが対象者だよ。辞めなさい」ではなく、
「ついに決断の時が来たよ!絶好の機会が来たよ!」と。

それはまさに、神様のお告げのようでした。

発表の中では、詳細な条件面などについて
特に言及はなかったのですが、瞬間的に私の中では
ほぼ気持ちが固まっていました。
週末に妻と話そう、と考えていました。

希望退職の募集は、約1カ月後にスタートするとのことでした。

私は週末に妻と話し、
「応募したいと思っている」と言うと
「ええんちゃう!」とあっさり受け入れてくれました。
逆に積極的に応援するよ、ぐらいの勢いだったので
すごく気持ちがラクになりましたね。

当時会社は在宅勤務が基本で、出社は3~5割以下に
抑えるよう会社から指示されていたので、
出社するのは週に2,3日。会社に行っても
出社している人数が限られているので、
社内でのリアルなコミュニケーションも多くはありません。
よく言われていることですが、「雑談」が大幅に減りました。

そんな中、たまたま会社で、同年代の同僚と顔を合わせると
「応募する?しない?」という会話をコソコソしたり、
逆に開けっぴろげに話したり、あるいは
一切その話題に触れなかったり・・・
「あの人はどうするのだろう」とお互いに詮索するような
何となくぎこちない空気が漂う日々でした。

私は、尋ねられると、大抵「真剣に検討してる」と答えていました。
「応募しない」は嘘になるし、早々に「応募する」と断言するのは、
立場的にちょっと憚られるなと思っていたので。
兎にも角にも、普段通り、普通に仕事をしていようと
考えていましたが、やはり落ち着かない1カ月弱を送っていました。

そして、いよいよ、応募受付スタートの日・・・

 

明日以降に、つづく。

NO
年月日
名前
5209 2021.11.29 橋本剛典 代理店の外におけるクリエイターという生き方 その1
5208 2021.11.27 杉山元規 ワインのラベル
5207 2021.11.24 杉山元規 本の帯
5206 2021.11.21 石井克哉 コンクリ?
5205 2021.11.20 石井克哉 120秒
  • 年  月から   年  月まで