リレーコラムについて

あの鐘を鳴らすのは

猪飼ひとみ

牧野さんからのお詫びとバトン、
しかと受け取りました、猪飼(イカイ)ひとみと申します。
現在育児休業中のため、子どもの話で失礼します。

2020年10月。生まれて初めて、子どもを産んだ。
最初に子どもの声を聞いた瞬間の、あの感覚。
安堵に近いといえば近いけれど、違う。愛、というには大雑把過ぎる。

そう、例えるなら、あれは天下一武道会の始まりを告げる、あのドでかい鐘。
自分の体がまるごとあれになって、
どがああああああーーーーーんと打たれたような感覚。

助産師さんが抱える子、そこだけに、自分の目のピントが
引き寄せられるようにバチーンと合い、
すさまじい波動のようなものが子から放たれ、私の胸の鐘を打ったのだ。

この体験のせいか、子守唄に『あの鐘を鳴らすのはあなた』をたびたび口ずさむ。
かつて和田アキコが、阿久悠先生に「あなたとは誰のことですか?」と尋ねたところ、
「アッコが今まで会ったすべての人のことだよ」と答えたと言う。

私は今までも今も、この曲のメッセージは
あなたの人生は、他の誰でもないあなたのものである、
と勝手に受け取っているのだが、出産によって新しい解釈が加わった。
「あの鐘」は私の中にあった。
「あなた」とは、娘のことだった。

あなたに逢えてよかった
あなたには希望の匂いがする

あなたに逢えてよかった
愛しあう心が戻って来る
やさしさや、いたわりや、ふれあう事を
信じたい心が戻って来る

感極まりながら唄い終えた私に娘から、
あたたかい拍手ではなく、生温かいうんこが贈られました。

NO
年月日
名前
5173 2021.09.24 荻原 海里 大吉先生
5172 2021.09.24 荻原 海里 頭の中に、にょろっと。
5171 2021.09.20 荻原 海里 人生の答え合わせ
5170 2021.09.17 安達 岳 コピーライターになって10年後
5169 2021.09.16 安達 岳 コピーライターになった日。
  • 年  月から   年  月まで