リレーコラムについて

「年齢」は死んだ。

高橋祐司

去年の夏、30歳になった。

実はけっこう、切なかった。

これは20代を終えた人にしか分からない感覚だと思うけど、
とにかく最強感のあった「20代」を、ついに手放す瞬間がきたのだ。

やっほー三十路!
さらばだ二十代!

あーあ終わっちゃったな、と思って、
それでも、ここまできたかーとも思って、
あれ待てよ、と気づいた。

30歳になった自分は、子供の頃、
「なんとなく20歳になったらこういう感じかもなー」
と思っている感じとちょうど同じくらいの大人だった。

ちょうど、10歳分くらいの差があるんだなと。
つまり、やっと20歳になった感覚だ!やったーまだハタチ!

自分が思っている以上に、30歳の自分は、若い。逆に言うと子供だ。

政治のことも経済のことも結局今だにわからない。(これは普通に良くない)

ムンクが「叫び」を描いたのは、30歳のときらしい。
ジョンレノンが「Imagine」を発表したのも、30歳の時らしい。

そこまでいかなくても、周りの友人がそれぞれの道を進み始めるのを見て焦る。

 

けど同時に、いよいよ自分の人生が自分のものとして始まった感覚もある。

 

そう考えると、もう実年齢がどうでも良くなってくる。

 

そういえばむかし、ゴルファーの石川遼くんが優勝して一躍有名人になった時、
彼の受け答えはめちゃくちゃ大人だった。

そこらへんの大人ではできないスマートな受け答えで、
たくさんの取材やインタビューに応じ出た。

彼は年下だったから、その時にもたしか、
「年齢は死んだな!」って思ったのを思い出した。

 

そしてそんな僕は、いま、実はテニスに夢中になっている。

 

不動産投資でも、自社事業の拡大でもなく、
中高6年間部活で捧げてきたテニスに。

なぜか帰ってきた。

 

そして、いまその当時よりも熱心にうまくなりたいと思っている。

 

そんな感覚になんだか笑えてくる。なんで当時よりあついんだおれは!

 

同じタイミングでTCC新人賞を受賞した小島翔太にわがままを言って、
テニスラケットを新調する用事についてきてもらった。
(10年以上前のラケットはもう劣化しきっていた)

部活やサークルの仲間と来てる若者にあふれた店内で、あまりに真剣にラケットを選ぶ僕を見て、
「おまえあのへんにいる奴より中学生の目してるやん!笑」と言われた。

めちゃめちゃ恥ずかしかった。
けど、同時におもしろくなってしまった。

 

何歳とか、いい歳とか、そういうのって結構もうどうでもいいらしい。

そう考えると、年齢という概念自体、付き合い方が変わってくる。

もちろん身体的な衰えはあるけど、気持ちに年齢はそんなに関係ない。

 

そんな僕は今日も在宅ワークしながら、
仕事の合間にテニスの動画をたくさん見てしまっている。(合間にね!)

 

バトンをくれたあべこうさん。
出会う前のあべこうさんを見たことはないけど、きっと20代の頃より若い。

僕が出会ってからも、年々目のキラキラ増量中だ。

 

そんなあべこうさんにも負けないように。

ずっとずっと若く、幼く、いつも何かに夢中でいられますように。

そう!おれはいま、ハタチ!!!

NO
年月日
名前
4853 2020.03.31 高橋祐司 「古い」は死んだ。
4852 2020.03.25 高橋祐司 「年齢」は死んだ。
4851 2020.03.20 阿部広太郎 断言する。心をつかむ言葉はつくることができる。
4850 2020.03.19 阿部広太郎 僕だからこそできる作詞って?
4849 2020.03.18 阿部広太郎 一人ひとりへのI LOVE YOU。
  • 年  月から   年  月まで