歩きスマホ危険啓発/1.5mを体感 60秒 SE:(まちの環境音)(スマホの操作音)
NA:歩きスマホをしている人の
    視野は、普段の20分の1、
    1.5m先までしか見えない、
    と言われています。つまり、
SE:コツ コツ コツ(足音)
NA:時速3kmで人が近づいてきたら、
    視野に入ってからぶつかるまで、
    約0.9秒。 実際にやってみると、
NA:「はい、見えた!(0.9秒の間)
    はい、ぶつかった!」
    これくらいなんですね。
    もし、その人が、
SE:コツコツコツコツコツ
    (やや早い足音)
NA:早歩きだったら、
    「はい、見えた!(0.6秒の間)
    はい、ぶつかった!」
    少し早くなります。 もし、それが、
SE:ガシャガシャガシャ
    (自転車をこぐ音)
    チリンチリーン(ベルの音)
NA:時速15kmで走ってくる
    自転車だったら、
    「はい、見、はい、ぶつかった!」
    (途中で、セリフが重なってしまう)
    これは、避けられない。
    1.5mって短いですね。
    では、最後に
SE:ブーン(車の走行音)
NA:時速60kmの車だったら、
    「は、はい、ぶつかった!」
    (ほとんど、セリフが重なってしまう)
SE:(足音や、人々の声など、
    まちの環境音が大きくなる。)
NA:まちには、1.5m先で気づいても、
    避けられないものがたくさんある。
    危険です、歩きスマホ。ドコモ

NO.89259

広告主 NTTドコモ
業種 金融・保険・公共・教育および学校
媒体 ラジオCM
コピーライター 井口雄大 大石将平
掲載年度 2016年
掲載ページ 385