サントリーウィスキー
/二人篇 120秒     M:♪落ち着いたジャズミュージック
   SE:氷の音
   男1:お前とこうしてバーで飲むのも
      …100年ぶりか。
   男2:うん。
   男1:あらたまって話とはなんじゃ、吽形。
   男2:前々から考えていたんだが、阿形。
   男1:おう。
   男2:…長らく仁王として二人でやって来たが、
      そろそろ別の道を行かないか。
    M:♪フェードアウト
   男1:あ!?
   男2:しっ!
   男1:あぁ…
   男2:僕達は、価値観もスタイルも、違いすぎる。
   男1:!?
   男2:魔物を退散させるとき、阿形、お前は
      恫喝型だが、僕は吽形で、「うんうん」と
      話をきくタイプだ。
      それにお前は、「あ!」という表情も
      キャッチーで観光客にも人気者。
      名前だって必ずお前が先。
      僕はいつだってサブ扱い。
      それがもう…いやなの!
      そろそろ、ソロになりたい。
   男1:…ん?
   男2:ダジャレだよ!
   男1:あ!そうか!
      …すまん。…(ため息)皮肉じゃ。
      一番近くの者の気持ちが、一番わからん…。
   男2:そういうものかも、しれないな。
   男1:(間ののち)じつは…今だから言うが、
      吽形、わしも、お前に嫉妬しとった。
   SE:氷の音
   男2:え?
    M:♪ピアノIN
   男1:そのきりりと引き結んだ口元が、
      クールでうらやましかったんじゃ…
      現代的でな。
   男2:…そう…なの?
   男1:ふふ。「阿吽の呼吸」が、
      ちゃんちゃらおかしいのう。
    M:♪フェードアウト
   男2:阿形。
   男1:ん?
   男2:…。今日はもう遅い。
      解散の話の続きは、また次にしないか。
      …100年後に。飲みながらな。
   男1:…うん!それは名案だ!吽形。うん!うん!
   男2:あ!真似したな阿形!
   男1:うん!
男1&男2:(笑)

   SE:ウィスキーをそそぐ音
    M:♪冒頭のジャズ、再びフェードイン
   NA:ウィスキーと一緒なら、
      いつもより、深い話ができそうです。
      サントリーウィスキー。
      お酒は二十歳を過ぎてから。

NO.87380

広告主 サントリー
業種 酒類・タバコ
媒体 ラジオCM
コピーライター 直川隆久
掲載年度 2014年
掲載ページ 449