サントリーホール
/さくら さくら篇 120秒 NA:その体育館は、3度、姿を変えました。
SE:賑やかなバスケットボールの練習

NA:最初は、生徒達の元気な声があふれる場所として。
SE:振りはじめた雨の音、風の音。
NA:2度目は、東日本大震災の避難所として。
   悲しみと不安に満ちた場所に姿を変えました。
   そして3度目。その体育館は、
   ウィーン・フィルの楽団員が演奏する
   コンサートホールに変わったのです。

 M:♪ウィーン・フィル演奏

NA:2012年11月、宮城県岩沼北中学校。
   音楽の力で、被災地のこどもたちを元気にしたい。
   ウィーン・フィルのたっての希望で実現した
   異例の体育館コンサート。
   素晴らしい演奏を終えて、拍手を受ける楽団員の耳に、
   予想もしなかった、別の演奏が、聞こえてきました。

 M:♪琴の演奏で「さくら さくら」
NA:さくら、さくら。
   生徒たちによるお返しの琴の演奏でした。
   楽団員全員が真剣に耳を傾けていました。
   本格的な冬を迎える季節に、心の中に咲いた、さくら。
   厳しい冬を何度でも乗り越え、何度でも咲く、さくら。
   あの頃、避難所だった体育館は、
   いつしか、たくさんの希望が
   咲く場所に変わっていました。
   音楽の力を、未来の力に。
   サントリーは、2012年から
   「ウィーン・フィル&サントリー
   音楽復興基金」の活動を始めています。

NO.87371

広告主 サントリー
業種 娯楽(公営ギャンブル・遊園地)・スポーツおよびスポーツ用品・各種の民間イベントやリサイタルやショー・音楽関係
媒体 ラジオCM
コピーライター
掲載年度 2014年
掲載ページ 446