朝日新聞デジタル/プロメテウスの罠
防護服の男 第六話 268秒         NA:ギリシャ神話によると、
           人類に火を与えたのはプロメテウスだった。
           火を得たことで人類は文明を発展させた。
           しかし、落とし穴があった。

        NA:朝日新聞、プロメテウスの罠。
           シリーズ、防護服の男、第六話。
         S:プロメテウスの罠 シリーズ防護服の男 第六話

        NA:関場和代は3 月14 日、
           会津若松市の親戚宅に避難した。
           家は菅野みずえの家に近い
           浪江町南津島にあった。
           その後も避難指示がないため
           4 月2 日、ひとまず自宅に戻った。
           数日して、家の前に自衛隊の
           ジープがとまり、隊員が降りてきた。
           安否確認で来たという。
           そのころ浪江町の放射線量が
           高いことが報道されていた。
           それが心配で、おそるおそる尋ねた。
    NA(和代):この辺の線量はどのくらいですか
    NA(隊員):ここは大丈夫です。
           私たちは線量計を付けています。
           1日にどのくらい線量を浴びたか分かるんですよ。
    NA(和代):そうなんですね。
        NA:和代は安心した。家に閉じこもるのをやめ、
           近所に出かけていった。
           4 月17 日。近くの橋の上にいると、
           男が近づいてきた。
           フリージャーナリストの豊田直巳だった。
    NA(和代):すみません、うちの線量を測ってもらえませんか。
        NA:豊田は敷地のあちこちを測りはじめた。
           玄関の雨どいの下を測ったときだった。
    NA(豊田):ワッ、これは大変だ!
    NA(和代):どうしたんですか・
    NA(豊田):……。
    NA(和代):本当のことを言ってください
    NA(豊田):……。
    NA(和代):お願いです・
    NA(豊田):2時間いたら、1ミリ吸います
        NA:豊田によると、そのときの線量は
           毎時500 マイクロシーベルトを超えていた。  
           2時間いただけで年間許容量の
           1ミリシーベルトを超える値だ。
           具体的な数字を初めて聞かされ、
           大変なことだと初めて自覚した。
           和代はあわてて身支度し、
           豊田に見送られて家を飛び出した。
           数日後、ネコを引き取りに再び家に帰った。
           警視庁のパトカーが敷地に入ってきた。
           30 代くらいの警察官だった。
    NA(和代):ここって高かったんですね
         S:でも政府から止められていていえなかったんです。
        NA:そうなんです、高いんですよ。
           でも政府から止められていて
           いえなかったんです。
           警察官はそう答えた、
           と和代は記憶している。
           和代はびっくりした。
           ジープの自衛官がいったことは何だったのか。
    NA(和代):もし自分の家族だったら、同じことがいえますか。
           真っ先に逃がすでしょう。
           私らのことは、しょせんひとごとなんですかね
        NA:7月、中国の高速鉄道事故で証拠隠しが発覚した。
           日本のメディアは中国政府の対応を厳しく批判した。
           和代は腹が立ってくる。
   NA(和代)+S:日本だって同じじゃないの

        NA:プロメテウスによって文明を得た人類が、
           今、原子の火に悩んでいる。
           福島第一原発の破綻を背景に、
           国、民、電力を考える。

        NA:朝日新聞、プロメテウスの罠。つづく。
         S:朝日新聞DIGITAL

NO.87238

広告主 朝日新聞社
業種 マスコミ・出版
媒体 WEB
コピーライター 髙崎卓馬 外﨑郁美
掲載年度 2014年
掲載ページ 421