企業広告/手紙 (三宅) 120秒 S:友だちへ
S:2011.3.11~
  宮城
N:十何年と住み続けたあの町が、
  まったくあとかたもなくなっていて、
  私ははじめて、
  ああ自分は被災したんだなということを感じました。

  ふるさとを離れて、
  遠くの大学へ行くということになって、
  自分の中では何も準備できないまま
  行くことになった時の不安は
  今でも覚えています。

  私はやっぱり自分が被災者だということを明かしたら、
  その子たちは私に気を遣ってしまうのでは
  ないかと思って、1年間は自分が被災していることを
  うちあけられないままでいたんですけど、
  メンバーとどんどん出会っていって、
  東北からとても遠い場所であるにもかかわらず、
  こんなに東北のことを思ってくれてる人がいるんだと思ったら、
  すごく自分がうちあける勇気が出てきて、
  そこから私は伝える人になっていこうという意識を
  持つようになりました。

  私はこの人に会いたいから、そこに行くんだっていう思いを持って。
  なんか、希望があるんじゃないかな。
  東北に住みたいなと思っています。僕は。
  みんな共通して思っているのが、
  「もう被災地じゃないよね」っていうこと。

  私が経験したことを、
  私がまず、大切にしたい人たちに伝えて、
  その人たちが、大切にしている人たちに伝えていってくれたら、
  私はすごくうれしく思います。

  まわりのみんなに支えられて、
  本当に強くなれた気がしています。

S:もう、明日を生きている。
  備えてください、防災にオーラルケア
  SUNSTAR

NO.87135

広告主 サンスター
業種 化粧品・薬品・サイエンス・日用雑貨
媒体 TVCM
コピーライター 荻友幸
掲載年度 2014年
掲載ページ 386