企業広告/手紙(武内)篇 120秒 S:子どもたちへ
  2011.3.11~
N:ここで生まれて、ここで育った人間としては、
  町並みが次々に消えていくというのは、
  本当に心の中に空白ができたと。
  濡れなかった紙と、あとはペンがあれば、
  私たちの仕事である「伝える」ということが
  できるんじゃないかということで、
  翌日から壁新聞を作って避難所に貼りだしました。
  心掛けたのは、読む人たちに希望の持てる情報を
  優先的に書いていきました。
  被災地の復興は10年20年かかるといわれています。
  その歳月がかかるとすれば、いまの子どもたちが
  その復興を仕上げてくれる年代です。
  その子どもたちに私は期待を込めて
  「復興仕上げ人」と呼んでいます。
  希望っていうものは、前にだけあるものではなくて、
  後ろにも、歴史にもあるのではないかと、
  そんな想いでいます。
  いずれ、ひょいと前を向いたら
  光が差してくるのではないか、
  その光がくるまで、いまやるべきことをやっていくと。
  子どもたちには、むしろ自分たちは
  この町をどのようにしていきたいのか、
  そういった町の未来を描いてほしいとおもいます。
  未来は与えられるものではなくて、
  自分たちでつくっていくものだ。
  ここで住んでいく人間がつくっていくものだと。
S:もう、明日を生きている。
  覚えてください、防災にオーラルケア。
  SUNSTAR

NO.87134

広告主 サンスター
業種 化粧品・薬品・サイエンス・日用雑貨
媒体 TVCM
コピーライター 荻友幸
掲載年度 2014年
掲載ページ 386