スポンサーシップ/レウィス篇 180秒 NA(上野樹里):レウィスという名前の男の子がいた。
         水汲みはレウィスの仕事だった。
         近くの井戸はだいぶ前に
         枯れてしまっていた。
         レウィスは、
         えんえんと、えんえんと、
         歩いて水汲みにいった。
         往復6時間。
         毎日6時間。
         朝からひどいときには
         夕方までかかった。
         レウィスの村に
         見たことのない人たちがやってきた。
         支援を待つだけじゃなくて、
         必要なものが何か。
         まず自分たちで考えて欲しい。
         その人たちが言った。
       S:水
         水
         水
       S:学校と水
      NA:みんな自分たちに
         本当に必要なものがなんなのか
         本当は分からなかった。
         その人たちはレウィスに聞いた。
         「一番欲しいものは何?」
         レウィスは少し考えて言った。
         それを聞いたその人たちは
         提案がある、とみんなに言った。
         井戸を掘ろう。
         その井戸はみんなに時間をくれる。
         その時間はみんなに可能性をくれる。
         そう言った。
         そうして
         レウィスは一日6時間を手に入れた。
         レウィスは1日6時間は
         1週間で42時間になった。
         42時間は、1ヵ月で168時間になった。
         168時間は、1年で2016時間になった。

         そしてレウィスは医者になった。
         井戸ができるまで
         そんな仕事があるなんて知りもしなかったのに。
         世界にいるたくさんのレウィスのために。
         チャイルドスポンサーシップ。
         ワールドビジョン

       S:チャイルドスポンサーシップ
         1日150円でそれは始まる。

NO.86790

広告主 ワールド・ビジョン・ジャパン
業種 金融・保険・公共・教育および学校
媒体 WEB
コピーライター 髙崎卓馬
掲載年度 2014年
掲載ページ 373