金鳥小説 夢不来(むしこなーず)
〜虫コナーズのCMオーディションに挑む
主婦・近藤幸恵の物語<全十話>〜
第八話「練習の虫」 「監督さんが近藤さんの吹っ切れたダンスの
センスに惚れていました」「代理店のプランナー
がキャラクターに個性があるって興味を
持ってましたよ」昨日、電話口から聞こえて
来た賞賛の声がいまだ耳にこそばゆい。
最終選考に残ったー。この際、まずは
虫コナーズでもいいわ。カズちゃんとの格の
違いを見せつけるには逆にうってつけの
チャンスではないか。ここをスタートにする
のも悪くはない。ポジティブ幸恵。
速達で送られて来たDVDには油性ペンで
「ダンス(仮)」と書かれ、再生すると音楽
に合わせて振り付け師らしき人らが踊って
いた。いわゆるデモテープというやつだ。
これを見て練習するようにといういうこと。
幸恵は生来、完璧主義者である(スタイル以外
は)。朝、家族が出かけてからの3時間。鏡の前で
汗まみれのガマガエルのようになるまで、
ひとり黙々と特訓を積んだのである。
「なにこのDVD。ダンス・・・かっこ、仮?」
家族分の目玉焼きを焼いている幸恵の背中越し
に響く長女の声。しまった!「あ、それは
お母さんの・・・」幸恵の声を待たずして白い
盤面はDVDプレイヤーに吸い込まれていた。
「♬~虫コナーズ~・・・ここでお腹を大きく
せりだしてトントントン」ご丁寧にダンス
指導入りである。「なんだこれ?」夫が
反応した。ふと頭によぎる家族の承諾、という
単語・・・。だめだ。今日は最終オーディション
なのだ。いま家族を説得する自信がない。
娘は銀行の新入社員研修中、夫も最後の
昇進をかけた大事な時期である。息子に
関しては言わずもがな。きつい反抗期トンネル
は抜けつつあるも、思春期最後の残り
香がぷん。「それはお母さんの・・・友だち・・・
の池田和子さんから貰ったのよ」
とっさの嘘。にしてはうまくいった。夫の合いの手
が効いたのだ。
「おお!あの虫コナーズのCMに出てるっていう
友だちか!これってレアもん映像じゃないの!」
(次回は7月7日掲載予定です)

※ストーリーはフィクションです。
登場人物、団体名等は架空のものです。

KINCHO
ガラスに虫コナーズ

NO.85267

広告主 大日本除虫菊
業種 化粧品・薬品・サイエンス・日用雑貨
媒体 新聞
コピーライター 古川雅之
掲載年度 2013年
掲載ページ 166