金鳥小説 夢不来(むしこなーず)
〜虫コナーズのCMオーディションに挑む
主婦・近藤幸恵の物語<全十話>〜
第三話「虫の居所」 あれから何度も見た。コマーシャルが流れる
と極度に反応してしまう自分がいた。
♬~虫コナーズぅ~~。今日もカズちゃんは
歌っている。テレビの中で。
五十一歳。子育ても終盤戦である。というか
もう終わっているのかもしれない。長女
は今年、地元の銀行に内定を頂いた。この
不景気にありがたいことだ。長男は来年
大学受験。これが終わればあとはやっと自分
の時間。ほんとに今までよくぞ自分を犠牲
にして家族を支えて来たと幸恵は思う。
五十を過ぎてこれから、おだやかに、しあ
わせに。だけど幸恵のアタマの中でここ数日
ぐるぐると繰り返されている言葉がある。
「コマーシャルって儲かるんでしょう?」
「そりゃタレントなら数千万、カズちゃん
だって100人から選ばれてあれだけ歌って
やってんだから・・・数百万とか?」
カズちゃんが?木の役のカズちゃんが?
神様おかしくないですか。
「よかったよねカズちゃん」と夏子は言った。
「今度会いたいよね」とマリは笑った。二人
とも満たされているから。と幸恵は思う。
夏子はご主人が外資の会社、自分でも自宅
で子ども相手の英会話教室をやっている。
マリは子育てしながらいまだキャリア
ウーマン。文房具メーカーのマーケティング
だか商品開発の部長になったはずだ。
♬~地味な暮らしも慣れました~は、実は
わたしだけだ。リビングの椅子に座り
真っ黒のテレビ画面を睨みつける。
カズちゃんは木の役だった。わたしがお姫
さまだった。たった一度でも主役を射止めた
(じつはクジ引きだった)小学三年生の記憶は色濃い。
許せない。もずくのように黒い念。
その黒い念を昼下がり五つめの羽二重餅と
いっしょに飲み込むと、それは新たない念
となって幸恵の口から飛び出した。
「わたしも。わたしも、コマーシャルに出るで
げふっ」お姫さまは甘いゲップをした。
(次回は6月2日掲載予定です)

※ストーリーはフィクションです。
登場人物、団体名等は架空のものです。

KINCHO
虫コナーズ リキッドタイプ 超微香性

NO.85262

広告主 大日本除虫菊
業種 化粧品・薬品・サイエンス・日用雑貨
媒体 新聞
コピーライター 古川雅之
掲載年度 2013年
掲載ページ 165