金鳥小説 夢不来(むしこなーず)
〜虫コナーズのCMオーディションに挑む
主婦・近藤幸恵の物語<全十話>〜
第二話「腹の虫」 それとなく、それとなく聞いてみよう。
と幸恵は考えていた。あくまでも自然に、
あたかもふと思い出したんだけど風に。
駅前の<ヘルシー自然食バイキングの店>
『紙風船』には、夏子もマリも先に来ていた。
無添加・無農薬が売りで食べ放題・・・ヘルシー
とはどういうことなのか禅問答のような
店である。
「あれ幸恵、また太った?」
夏子の歯に衣着せぬ物言いは子どもの頃
から。慣れている。同じバレー部でこれと
いって活躍できなかった三人は三十数年たった
今もなんだかんだで関係を続けていた。
近況報告、夫の愚痴、昔の話、ドラマの話。
毎度毎度飽きもせず、とどまることのない無駄話。
「幸恵~だからあんた太るのよ」
デザートにカボチャのケーキと生クリーム
たっぷり卵プリンを迷った挙げ句、両方を
持ってきた幸恵に、夏子は容赦ない。
「あのさ、カズちゃんって覚えてる?」
幸恵はプリンをスプーンですくいながら
切り出した。「池田和子!」「昨日テレビに
出てた!」夏子とマリが同時に反応した。
♬~地味な暮らしも慣れました~虫コナー
ズ~とご丁寧にハモってくれた二人。
やっぱりそうだったんだ。あのカズちゃん
だったんだ。ただ昨日テレビに出てたと
言うのはコマーシャルのことではなかった。
話題のCMのあの人、というワイドショーの
ことらしかった。結構な特集だったようだ。
「でもすごいよねカズちゃん。オーディシ
ョンで100人くらいから選ばれたって」
ざわざわ。木の役だったカズちゃんが。
「テレビの受け答えも堂に入ってたし」
スキっ歯のカズちゃんが。
「他にも2,3本CMでてるってね」
お姫さま役だったわたしはいま。
「それよりあんた、ちょっとダイエット
しなさいよ」
「ぐえっ」夏子に脇腹をつままれ我に返っ
た幸恵は、自分の紙風船のようなお腹を
じっと見た。
(次回は5月26日掲載予定です)

※ストーリーはフィクションです。
登場人物、団体名等は架空のものです。

KINCHO
虫コナーズ 玄関用

NO.85261

広告主 大日本除虫菊
業種 化粧品・薬品・サイエンス・日用雑貨
媒体 新聞
コピーライター 古川雅之
掲載年度 2013年
掲載ページ 165