マガジンハウス
企業
記憶 90” S:昔々、西洋の遥か東の果て
神が舞い降りし国をつくったという
肌の黄色は雪や氷の反射の記憶
黒い瞳は太陽の子のあかし
人々は過酷な条件をものともしなかった
ただ生きるために精一杯だったが
その姿は美しかった
人々は一体となって繁栄を目指し
一体となって家族を養った
やがて高層ビルのネオンが増えるにつれ
人々の瞳の輝きは失われていった
大地は塗り固められ
国を思う気持ちは翳り
儀式は名ばかりとなり
人々は自分を見失った・・・
足元の大地の感触を忘れたのか?
あのしなやかな美を再び人々の手に
あの輝く生命をひとりひとりに
迷える日本人へ。
MAGAZINE HOUSE

NO.67

広告主 マガジンハウス
業種 マスコミ・出版
媒体 TVCM
コピーライター 内藤貴明
掲載年度 2002年
掲載ページ 315