日本中央競馬会
CLUBKEIBA
号外・げんかつぎ
184 S:CLUB
KEIBA
The
号外
movie
04
大泉:これ。馬トリョーシカ。
S:馬トリョーシカ。
蒼井:言えてませんけど。
大泉:馬トリョーシカ:シカじゃないよ。馬ね。
蒼井:(笑)
大泉:これね、持ってると的中しちゃうんだよね。
これ、僕のげんかつぎね。
蒼井:へー。
大泉:今年の秋は、やっちゃいますからねえ。
蒼井:あれ?でも今週末、出張じゃ?
大泉:あ、行けないときはコレね。よいしょ、と。
電話投票用ケータイストラップ的馬トリョーシカね。
S:電話投票用ケータイストラップ的馬トリョーシカ
ネットもばっちりね。
蒼井:すごーい。
大泉:大泉洋に死角なしね。
蒼井:私、家の前の花壇、絶対一段飛ばししてます。
大泉:俺なんて、朝起きて、まず逆立ちして。で、しばらくはテレビ見て。
そのあと寝っ転がりながらズボンはいて。
で、しばらくは鼻で呼吸しますね。
蒼井:なんですか、それ?
大泉:げんかつぎ、げんかつぎね。過去に的中させたレースの前に
やっていたことを、なんとなくやってしまうんですよね。
大泉:やらないと、不安でね。
蒼井:なんか、大変そう。
大泉江:大変ですよ。実際ね。
蒼井:って大泉さん、話し方が変。
大泉:あ、今日はね。全部語尾にね。をつけててね。
蒼井:ね?
大泉:去年のジャパンカップ、そうして的中させちゃいましたからねー。
SE:(ファンファーレ。馬が走る。人々の歓声)
蒼井:いや、でも秋の競馬って気持ちいいですね。
大泉:あれ、なんか、うつってるね?
蒼井:うつってないですね。
大泉:うつってるね。
蒼井:うつってないね。
大泉:なんでためぐちね。
蒼井:ごめんなさいね。
大泉:いやいや、いいんだけどね。
蒼井:いやー、なんかやだね。
大泉:完ぺきにうつってるね。蒼井:この馬トリョーシカね。
大泉:ああ、すごいでしょー、ねえ。
蒼井:わあ。
大泉:ねえ。
蒼井:すごい、すごい。
大泉:ねえ。すごいでしょー。…って。
蒼井:あれ?ね。
大泉:ん?ね。
蒼井:馬じゃないね。鹿だね。
大泉:鹿ね。誰がこんなイタズラ?ね。
蒼井:馬に鹿ね。
大泉:…
蒼井:馬に鹿ね。
大泉:2回言うことないね。
蒼井:ホース&ディアね。
大泉:英語にすることないね。
蒼井:・・・バカね。
大泉:……
蒼井:……
大泉:…バカってことになるね。
蒼井:…でも、なんとかバカとか、何かに夢中な人って素敵ですね。
大泉:なんのフォローね。
蒼井:ドンマイね。
大泉:……
S:CLUB
KEIBAルール
げんかつぎは
ほどほどに。ね。
CLUB
KEIBA

NO.28024

広告主 日本中央競馬会
受賞 ファイナリスト
業種 その他(どこに属するか不明なもの)
媒体 その他
コピーライター 橋本烈 髙崎卓馬
掲載年度 2009年
掲載ページ 301