3月11日広告/おもかげ復元師篇 90秒  M:
♪〜(青葉市子「ひかりのふるさと」)

納棺師:
はなちゃんは・・・
髪の中に全部砂が入り込んでいて
すごく重たい髪だったんですよ

S:
震災の遺体を復元し、
家族のもとへと届けつづけた納棺師。
誰からも慕われる水泳部の高校生。
避難先に津波がやってきた。

お母さん:
郵便局で発見されて・・・
笹原さん(復元師)がシャンプーして、
リンスして さらさらにしてくれて
生きているように可愛くしてくれて・・・
実家にあった振り袖の
着物があってそれをかけて
眠ってるくらいの感じでやってもらって・・・
・・・本当に、感謝しています・・・

S:
少女は、成人式に
着るはずだった着物を着て、
家族に別れを告げた

お母さん:
クルマから降りて、
じゃあねって送ったのが最後だったので
でも最後に食べたのが
私のお弁当だったな・・・

S:
あの日が、最後だとわかっていたなら。
震災を風化させない。そのために、3月11日を
「大切な人を想う日」に。
岩手日報サイトに、署名をお寄せください。
岩手日報

NO.2020149

広告主 岩手日報
受賞 ファイナリスト
業種 マスコミ・出版
媒体 TVCM
コピーライター 河西智彦
掲載年度 2020年
掲載ページ 267