東海テレビ放送 報道部/見えない障害と生きる。篇 300秒 S:
発達障害 広野ゆい(46)

広野:
これは私にとっては結構あの〜快適な状態ですね。
しまっちゃうと忘れちゃうんで
なんかあんまりこうしまいたくないんですよね。

S:
片付けられない。

インタビュアー:
結構じゃあ・・・
旦那さんから責められたって感じ?

広野:
責められましたね。
自分はこういうものがあって
こういう事が苦手だから、一緒にやって欲しいとか
手伝って欲しいと言ったんですよ。

S:
片付けが原因で、離婚になった。

広野:
そしたらそんなのは言い訳だとか、
理解はもう全然してくれなくって。
パッと見、普通に見えるので
分かってもらえないんですね。

インタビュアー:
広野さん、めちゃくちゃ明るいですね。

広野:
この位じゃないと生きていけないっていう感じの。

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ





S:
発達障害 神山忠(53)

神山:
学校の先生が、
文字読めないなんて悟られたくない、
悟られちゃいけない。

S:
文字が読めない教師

神山:
どうやって死のうばっかり考えてましたね。
頑張れ頑張れ、
普通になれ普通になれって
言われ続けると、どうしてもそういう
気持ちにならざるを得ない。

S:
フツウに苦しめられた人生だった。
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ






S:
発達障害 横関柊成(19)

SE:
(授業中の先生の声)
(電車の走る音)
(黒板にチョークで字を書く音)
(クラスメイトの喋り声)
(字を書く音)
(踏切の音)
(時計の針の音)
(室外機の音)
(黒板消しクリーナーの音)
(鳥のさえずり音)
(足音)
(ページをめくる音)
(すべてが混ざった音)

S:
彼の苦しみは見えない。

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ







S:
発達障害 岡村賢志(26)

岡村:
♪〜お掃除、お掃除
めっちゃ綺麗になった。

S:
発達障害だから、こだわりが強い。

岡村:
とれない、とれないなこれ。
なんか自分も不思議に思ったんだけど、
これが好きなのかなっと思ってみたら、掃除でした。

S:
発達障害のおかげで、こだわりが強い。
見方を変えれば、それは才能だ。

岡村:
ハハハ。

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ







S:
発達障害 せいた君(6)

せいた君:
イェー、やったーなにこれ。

せいた君の母:
疲れましたね、あの時期やっぱり。
お店側も嫌がるんですよね。もうちょっとちゃんと
見てて下さいとかって言われるのは、
何回かありました。
ちゃんと見てるんだけどなっていう風に・・・

S:
問題児と決めつけられていた。

せいた君の母:
いや〜本当にキツかった。
その時は、対応の方法とかも分かんなかったから、
間違った声かけを多分してたんじゃないかなって。
色々勉強してるうちに彼に分かりやすいように
対応出来るようになってきたのかなっていう。

せいた君:
えへっ。

せいた君の母:
うふっ。

S:
ゆっくりだけど、みんな学んでいる。

せいた君の母:
すごいね、ちゃんと。
ちゃ〜んと出来るようになるんだもんね。

せいた君の父:
そうだね〜。

せいた君:
見て、モルモット。

せいた君の母:
あ〜いるね〜。

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ






S:
発達障害 GOMESS(24)

GOMESS:
パニック症状を起こしちゃって、
街中で暴れまわっちゃって、でそれを
キッカケに自閉症っていう診断を受けまして、
引きこもったからRAP始めて、
知ってくれ!みたいな、
本当は俺はこういう奴なんだよっていう気持ちを
書いて世に出すことにした。
知らない人たちがいっぱい、
ファンメールとかを送ってくれるようになって・・・

S:
味方がいるから、前を向ける。
 
GOMESS:
これを人生の糧に
大事な要素にして貰えるんだったら、
俺はこの障害持ってて
良かったんじゃないかなって思うんすよね。

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ



M:
♪〜 僕は誰だ
人間
でも僕はフツウじゃないらしい
だから何だ 障害者 健常者 違う
僕は僕だ 言葉に騙されないで
障害は確かにあるけど
僕とあなたの間にあるその障害は
僕だけのものじゃないと思うんだよ
なあ ちゃんと見てくれよ
すべて分かってくれなんて言わないからさ
せめて家族に 友達に あなたにくらい
障害者としてとかじゃなくて
大切だから 傷つけてしまわないか怖くて
迷って 動けなくなって
どうしようもない時がある
また迷惑をかけると思う ごめん
でもあなたが困った時は
僕が助けるから
同じものを見ているはずなのに
見えているものは違くて
同じ場所にいるはずなのに
聞こえてる音も違くて
感じ方 考え方 伝え方 生き方
何もかも全部違くて
もしかしたら 一つだって同じじゃなくて
あなたには僕のことが
理解できないかもしれないけど
僕だってあなたのことは理解できないし
多分さ みんな そうやって
自分とは違う何かに惹かれて
互いに 足りないところ補い合って
生きていくんだろう
みんなのフツウが僕には難しくてできなくて
僕だけ なんで って
塞ぎ込んでしまう時がある
本当はこんなはずじゃないのにって
失敗を繰り返して ダメになりそうな
そんな時だってある
でも 僕が僕を諦めずにいられるのは
僕を諦めずに見ていてくれる人がいるから
ただ 側にいてくれるだけでいいんだ
僕らどんな障害があったって
同じ人間として

S:
見えない障害と生きる。

CI:
東海テレビ

NO.2020093

広告主 東海テレビ放送
受賞 ファイナリスト
業種 マスコミ・出版
媒体 TVCM
コピーライター 高阪まどか
掲載年度 2020年
掲載ページ 216