トヨタイムズ/下山テストコース 取材 60秒篇 60秒 香川照之:
愛知県豊田市の下山というところに来ています。
なにやらトヨタがですね、
ここにどデカいテストコースを作っているということなんですが、
果たしてそれが意味があることなのか、探ってみたいと思います。
ここは、どういうような?

矢吹久(トヨタ自動車 テストドライバー):
カントリーコースに
なってます。

香川照之:
カントリーコース。敢えてのテストコースに、クラウン。

矢吹久:
クラウン。
全長は5.3km。高低差70m。で、自然の地形を生かして。

香川照之:
ニュルブルクリンクを思い出しますね。
これは、悪路じゃないですか。
走った跡みたいなものを人口的に作ってる。

矢吹久: 
評価してなんぼですので、一つ一つのコーナーが評価につながる。

香川照之:
低速の方が難しいって。それいってみる?スポーティー走行?
運転が楽しくなるっていう感覚はやっぱりあるなぁ。

大阪晃弘(トヨタ自動車 凄腕技能養成部):
近いですからね。
改善のサイクルが早いですね。

香川照之:
環境への影響っていうのが、
僕、絶対あると思うんですよ。

矢矧雅彦(トヨタ自動車 開発支援部):
環境を作る
という。

豊田章男(トヨタ自動車 社長):
なぜこういう道が必要か。
これはですね、もっといいクルマを作るからです。

香川照之:
「もっといいクルマ」ってなんだろうって思いますね。
もしかして自動運転じゃないよね?

NA:   
トヨタイムズ

S:    
未来を、どこまで楽しくできるか。
トヨタイムズ 

NO.2020046

広告主 トヨタ自動車
受賞 TCC賞
業種 自動車・バイク・自転車・モーターボート・タイヤ・ガソリンなど交通関連機材とサービス
媒体 TVCM
コピーライター 藤本宗将
掲載年度 2020年
掲載ページ 122