九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン
/知事が妊婦に篇 137秒 山口県知事:
うわ、重いコレ。

宮崎県知事:
ズシッと肩にきますね。

佐賀県知事:
最初に思ってたよりも重い感じです。

S:
日本の夫は、世界一、家事育児をしない。
そんな日本の夫を代表して、

佐賀県知事:
おはようございます。

通行人:
え?知事じゃない?

S:
知事が妊婦に。
7.3kg=妊娠7ヶ月の重さ

宮崎県知事:
おはようございます。

佐賀県知事:
いま7ヶ月ですね。

女性:
7ヶ月ですか。

山口県知事:
あーあつい。

佐賀県知事:
子育て支援という意味では
いろんなこと考えるし思ったことあるんですけれども、
この妊婦さんのときにどう過ごせるかということが極めて重要で、
子育ての第一歩というのは、妊娠中だという意識になりました。

宮崎県知事:
子どもを産む、そして家事をする女性の大変さが実感できましたので、
もっともっとやさしくしなきゃなと思います。


山口県知事:
自分は経験してないからわからなかったですけど、
妻がこうやって何ヶ月もこの状態でやったのかと思うと、
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

佐賀県知事:
たまらんなこりゃ、たまらんこりゃ。

山口県知事:
キツい。

S:
妊婦体験をした男性は、
家事や育児に積極的になる。
そんなデータがあります。

S:
Q妊婦体験をした男性に聞きました。
男性も家事や育児をするべきだと思った。YES 96.7%

佐賀県知事:
うぃーくりくりくりくり。

S:
幸せは、家庭と仕事のバランスでできている。
九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン

NO.2017064

広告主 九州全県・山口県・沖縄県
受賞 新人賞
業種 金融・保険・公共・教育および学校
媒体 WEB
コピーライター 岡本和久
掲載年度 2017年
掲載ページ 133

岡本和久おかもとかずひさ

2017年入会