リレーコラムについて

国際結婚と苗字

有本久美

いきなりですけど、なんか、ごめんなさい。

実は、1日目の「在日韓国人とアイデンティティ」
という投稿に対してですね、
在日の仲間を中心に、
思いのほか反響を頂きまして、
主人の方までご連絡いただいたりして、
それはすごく嬉しいんですけど、

みんな在日ネタシリーズが5日間、
投稿されると思ってたみたいなんですね。

でも私、そんなこととは露知らず…
ぜんぜん在日とは関係ない話を
展開しておりましたね。
(しかも1日おなか痛くなってさぼった)
だから、意図はないんですが
勘違いさせて、ごめんなさい。

ということで、
最終日なに書こー?
の悩みが解消されました。
ふたたびの在日ネタをお送りします。

テーマは「苗字」です。

先に書いたように、
うちの主人は韓国人でして、
本名は「李」という苗字なんですけど、
通名(通称の名前)として日本名ももっています。

それが「有本」です。

つまり名前がふたつあるんですね

会社の名刺とか、クレジットカードの名義も
通名が使えます。

実は主人、この通名を
1回、捨てようとしたことがあるそうです。

いや、捨てるって言い方悪いわ。
まちがえた。

でも、なんて言えばいいのかな?
要するに「李さんに一本化しようとした」わけです。
ハタチくらいの頃のお話です。

理由は、
「なんか、二重人格みたいで嫌やん?」
や、私にはよくわからんけど。

なんか、本人いわく
姓名判断とかも全然違うらしいです。
「李」だと、思いのままにいってまえー!!みたいな性格で、
「有本」だと、ちょっと守りに入った大人な性格、らしい。

いやー、それ、絶対思い込みやろ。
と思いましたけどね。

てかむしろ、大人になってもらわないと
困るけどね。妻としては。

まぁ、占いの話はどうでもいいや。
とにかく、一本化しようとしたけど、断念したんです。

お義母さんに反対されて。
「家族の名前を捨てるなんて!」と。

これを最初聞いたときは、不思議でした。
だって、韓国って夫婦別姓なんです。

結婚しても、夫と同じ苗字にはならないし、
子供は父親の苗字なので、母親とは違う。
それが韓国のベーシック。

お義母さんは日本に生まれ育ったわけじゃなく、
結婚したときに初めて日本に来た
在日韓国人一世。
だから、韓国文化の方が、馴染みが深いはず。

なのに、家族が家族として
同じ苗字を名乗ることを
すごく大切に思っている。

不思議、なんでだろう、
と考えてたどり着いた結論は、

きっと「有本」という名前で
つながっている家族を守ることが、
当時、言葉も通じない、文化もよくわからない国で、
それでも頑張って生きていく
糧になっていたんじゃないかな、って。

ましてや、まったく言う事聞かないドラ息子。
この人を立派に大人になるまで育て上げた苦労、
心中お察しいたします。

それもこれも、
日本で「有本」という苗字で
つながった家族だからできたこと、
ではないかな、と。

まぁ、お義母さんが反対した理由は、
完全に私の想像なので
真偽のほどは定かではないのですが。

そんなこんなで、私も結婚して
「李」ではなく「有本」に改姓しました。

そうです、お気づきかとおもいますが、
日本人同士の結婚みたいに、
婚姻届を提出したら戸籍の妻の苗字が
自動的に夫の苗字に書き換えられたりはしません。
そもそも主人は日本に戸籍ないしね。

どうするかというと、
家庭裁判所に申し立てるんです。

結婚したんで、旦那と同じ苗字じゃないと
いろいろ不便なんですよ、だからお願いしますよ、と。
いろいろ理由を作文みたいに書いて提出します。

でも本当のところは、
たぶん、そんなに日常に不便はございません。

今は日本人も夫婦別姓で生活する方っているらしいし。
会社では旧姓のまま、という方も多いはず。

それでも苗字を変えた本当の理由は、
変えたかったから、です。

お義母さんの想いを知って、
(いや、私の勝手な想像ですけど)
私も「有本」の名前でつながる
家族になりたいと思ったから。

そんなわけで、
古い考えなのかもしれないけど、
結婚して夫の苗字を名乗るって
家族のつながりを感じられる、
日本のいい文化だな、と感じています。

——————————————-

はい、なんとか1週間終わりましたー!
(1日さぼったが)
こんな新人の駄文を読んでいただいた方、
本当にありがとうございました!
またいつかどこかで。

お次は、
「鏡を、疑え。」というPOLA APEXのコピーで
2015年TCC新人賞を受賞した、
同期の山根哲也さんにバトンをお渡ししまーす!

余談ですが、同じPOLA APEXの
「恋愛か、科学か。」というコピーも素敵でした!
私は、あのコピーに動かされて
POLA ANEXを買ってしまった、カスタマーのひとりです。

山根さん、忙しいなかバトン受け取ってくれて
ありがとうございます!!

それでは、はりきってどーぞ!

NO
年月日
名前
4582 2018.11.18 片岡良子 阿闍梨餅
4581 2018.11.17 片岡良子 ひたち20号
4580 2018.11.15 片岡良子 ひたち5号
4579 2018.11.13 片岡良子 はい!
4573 2018.11.12 春日井智子 今宵は、シャンパンからはじめましょう。
  • 年  月から   年  月まで